リゾ婚「ゲリラ撮影」防止を 沖縄協が声明、外国人客に周知へ

投稿日: 2016年08月19日 12:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

沖縄リゾートウエディング協会(小川義昭会長)は18日、浦添市てだこホールで開いた8月定例会で「『ゲリラ撮影』防止声明」を発表した。「ゲリラ撮影」は、外国人カップルが県内の式場や公共施設、観光施設などで無許可で撮影を繰り返す行為。海外からもフォトウエディングの人気地と評価される表れとはいえ、一般の観光客や関係施設に迷惑が及ぶ新たな課題となっている。同協会はウェブサイトで公共ルールを多言語で公表するほか、撮影許可が必要なロケーション一覧などを作成して周知を図っていく。

 

同協会によると、読谷村のチャペルでは毎日1組は「ゲリラ撮影」が確認されているという。海外から同行するウエディング事業者やカメラマンが先導し、撮影禁止区域に入って樹木や設備の配置を勝手にいじったり、撮影ポイント周辺のコンビニのトイレなどでドレスを着用したりといったトラブルも生じる。沖縄観光のイメージ悪化や、県内フォトウエディング全体への制限が懸念される。

 

一方で、協会に加盟する会員87社のうち、外国人カップルの挙式を受け入れられる企業数はわずか十数社。県内のウエディング事業者は海外での認知度がまだ低いことに加え、外国人客が結婚写真に求める美意識や要望の把握という面で言語や文化の違いも大きい。

 

防止声明では「法令公共マナーを守り、一般観光客の観光の妨げになるような行為をしない健全な撮影活動を行うとともに、活動の普及を通じて法令公共マナーに反する撮影活動の防止に努力する」とした。

【関連記事】

目指せ「レインボーアイランド」 LGBT、挙式・宿泊プラン続々

「幸せいっぱい」 2人の結婚式動画を紹介!
世界に一つだけのアイスが作れる! ブルーシールアイスパーク 来月開店 浦添牧港

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング