世界の沖縄県人1,000人撮影 写真家・大城亘さん

投稿日: 2016年08月30日 11:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

沖縄県糸満市出身の写真家・大城亘さん(38)が手掛ける「世界のウチナーンチュポートレイト大会」の第1回撮影会が27日、那覇市前島のオキナワクリエイティブスペースターミナルのスタジオで開かれた。同一の背景・光・距離感で、さまざまなウチナーンチュを写真に撮り、後世への記録として残すプロジェクト。大城さんは「年齢、性別、趣味など一切関係なく、ニュートラルな視点で記録したい」と語る。

 

10月の第6回世界のウチナーンチュ大会の連携イベントで、大会期間中はメイン会場近くに特設ブースを設置し、世界中のウチナーンチュを撮影する。大会前に、県内在住者らを対象にした4回の撮影会があり、今回が1回目。対象は「沖縄を愛する全ての人」で、県内出身者に限らない。目標は千人。

 

きっかけは5年前のウチナーンチュ大会。集った人々が「わだかまりのない、とてもいい顔をしていた」と、印象に残った。その半年前、東京で東日本大震災を経験。津波の被災地で、家族の元に写真を返す活動があることを知り「写真の大切さを再確認し、世界の大切なものを写真で残したい」と考えた。5年を経て、そのチャンスが巡ってきた。

 

「写真は『ここにいた』という証明であり、100年後に残る記録でもある」と語る大城さん。多くの参加を呼び掛けている。

 

撮影会の第2回は、9月10日午前11時から午後6時まで、第3回は9月24日の同時間、第4回は10月初旬を予定する。撮影は無料で、予約不要。スタジオは那覇市前島2の11の9。撮影した写真は後日メールで受け取ることができる。詳細は「世界のウチナーンチュポートレイト大会」のフェイスブック、問い合わせはメール(camenokostudio@gmail.com)。

【関連記事】

10月30日は「世界のウチナーンチュの日」

世界若者ウチナーンチュ大会 公式ソング「I know」
【ブラジル】ミス琉装に仲里さん 郷土祭り「沖縄文化広めたい」

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング