雄飛の志「沖縄から」  ウチナーンチュ大会1カ月前シンポ

投稿日: 2016年09月27日 12:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

第6回世界のウチナーンチュ大会1カ月前企画シンポジウム「世界のウチナーンチュになる!」(琉球新報主催、おきなわ世界塾後援)が25日、那覇市天久の琉球新報社で開かれた。沖縄キリスト教学院大学の新垣誠教授をコーディネーターに、ラオスでラオラオ酒振興に取り組むコープおきなわの石原修さん、カンボジアのトゥールスレン博物館の学芸員との交流を通して、沖縄の平和の心を発信し続けている県立博物館・美術館の園原謙さんが活動の様子を紹介した。JICAのおきなわ国際協力人材育成事業でベトナム、ラオスに派遣された高校生3人が現地で感じたことを報告し「沖縄にいても世界のウチナーンチュになれる」と表明した。

 

北谷高校2年の新里航平さんと球陽高校2年の高良未来さんは、ベトナムの戦争証跡博物館について報告。新里さんは「ベトナムの人は戦争を忘れていないが、良好な関係を築こうという未来志向が感じられた。沖縄にいても世界のウチナーンチュであると思って今後も動いていきたい」と決意を述べた。高良さんは「戦争は沖縄とベトナムだけじゃない。もっと学んで伝えたい」と語った。

 

ラオスの医療現場を視察した那覇国際高校2年の安里莉美さんは「自分に何ができるかを考え、行動することが大事だ」と話した。

 

【関連記事】

南米で輝く“島人の宝” ブラジル県系3世タレントのタマシロさん

愛を込めて「おかえり」 第5回世界若者ウチナーンチュ大会まで1カ月
移民先祖に手合わせ 高江洲さん、ハワイで墓参り実現

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング