芸能の島に“恩返し” 船橋さん病越え、伊江唯一の三線店開店

投稿日: 2016年09月29日 11:00 JST

image
修理依頼を受けた三線を手にする船橋美和子さん=伊江村のよんなー三線工房(写真・琉球新報社)

【伊江】「よんなー三線工房」開店。“ゆっくり”を意味するうちなーぐちの「よんなー」を店名に入れ、笑みを浮かべるのは住民の船橋美和子さん(28)。8月に伊江島で唯一、三線の修理調整や小物などをそろえる三線店を開店した。「芸能の島、伊江でずっと芸能に関わりたい。多くの人に助けてもらっているから島への恩返しになれば」と目を輝かせる。

 

大阪出身。伊江島在住5年。約6年前に唄三線の魅力に取りつかれて以来、熱が冷めることはない。ある日、壊れたままの三線が家庭に放置されていることを耳にして、「もったいない。宝が眠っている。島内で修理する人がいればいいのに」と奮い立ち、職人への思いを募らせた。

 

約1年前、思いがけない医師からの宣告。病魔が喉をむしばんだ。「手術をすれば、高音が出なくなるだろう」と告げられた。唄者を目指していただけに思い悩み、不安と闘う日々を送ったが、決断して手術を受けたその時、三線職人への道が脳裏をよぎった。「病気が自分の背中を押してくれた」と振り返る。「私でいいのかな。できるかな。やらないよりやった方がいい」と人生を考え、店を構える決意を固めた。

 

修理や調整などの技術は、那覇市で三線店を営むパートナーの親戚の比嘉健琉さんの指導を受けた。工房は、廃材やリサイクル物などを使って全て手作り。物置だった部屋を大きな透明ガラスの窓から光が差し込む明るい店に改装した。「気軽に寄ってね。お茶でも飲める三線屋があってもいいかな。将来は皮張りもできる職人になりたい」と夢を広げる。

 

(中川廣江通信員)

 

【関連記事】

島体験 仲間寄り添う 伊江で民泊、交流に笑顔

琉球音楽の巨星たちの唄を次代へ 元「ザ・ブーム」の宮沢さん 民謡245曲採録、CD化
沖縄リゾ婚、右肩上がり 半年で6553組 経済効果104億円

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング