「奪ってよい命」ない 相模原事件受け訴え 沖縄市・育成会文化祭り

投稿日: 2016年10月03日 10:00 JST

image
「ぼくらはみんな生きている」と力強く歌う参加者=2日、沖縄市民会館大ホール(写真・琉球新報社)

芸術・文化活動に取り組む障がいのある人らが、日ごろの活動の成果を発表し、地域の人たちと交流する第21回育成会文化祭り(県手をつなぐ育成会主催)が2日、沖縄市の沖縄市民会館大ホールで開かれた。7月に起きた相模原の障がい者施設殺傷事件を受け、同会の田中寛理事長は冒頭のあいさつで「『奪ってよい命』などありません」と力を込めた。その上で「知的障がいのある方々の特性を理解してもらうために、さらに市民との交流の機会を増やす必要がある」と指摘した。

 

初めの合唱では、やなせたかしさん作詞の「手のひらを太陽に」を全員で歌い、「みんな生きているんだ」と笑顔で訴えた。田中理事長は、この歌を選んだ理由を「『障がいのある人はこの世にいなくていい』という考えの人たちに、『私たちは生きていい』としっかり理解してほしかった」と話した。

 

「ぼくらはみんな生きている 生きているから歌うんだ」というメッセージが、会場全体を包み込んだ。

 

ステージでは、参加した21団体がダンスや歌を披露し、笑顔があふれた。

 

【関連記事】

書に魂込め 共に生きる 書道家・金澤翔子さん、母泰子さん

ダウン症の弟、私の自慢 「障がい」FBで情報交換 矢崎陽さん(開邦高2年)
【動画】「防災の日」だよ!まげひらNEWSでGO!!

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング