“世界のマジシャン”仲間入り 沖縄出身のMASAさん

投稿日: 2016年10月19日 10:00 JST

image
手を使わずに来場者の指に指輪をはめたMASAさん(右)=7日、那覇市のロワジールホテル那覇(写真・琉球新報社)

世界を視野に、10年以上地道に磨き続けた技が認められた-。世界中のマジシャンが集まる米国ロサンゼルスの通称「マジックキャッスル」の審査に今年2月、マジシャンのMASAさんが県内出身者として初めて合格した。

 

中学2年の時にマジシャンのセロさんのクローズアップマジックを目の当たりにして以来「毎日マジックの練習をしている」というMASAさん。「世界中で披露したい」と、今も技を磨き続けている。

 

「奇術の殿堂」と言われ、世界中からマジシャンが集まる「マジックキャッスル」は、館内を見学するにも会員の紹介が必要。MASAさんは同館で日本人唯一の審査員経験者、柳田昌宏さんを通して昨年8月に同館を訪れ、2月に受験した。

 

審査員は世界屈指の4人のマジシャン。MASAさんはカードの下に隠したコインを次々と瞬間移動して見せたが、審査員の反応はいまひとつ。二つ目のマジックを披露し終えると「ストップ」と止められた。「そんなに下手だったのか」と肩を落とした瞬間、「合格」と言い渡された。「自分のマジックは世界でも通用するんだと安心した」。

 

中学からマジックの動画を何度も見返し、独学で学んだ。高校卒業後は米国の大学へ留学。留学中にレストランやパーティー会場でマジックを披露した。

 

当初は英語を聞き取れず、友人をつくれなかった。しかしマジックを見せるとすぐに人気者に。だが不安もあった。「マジシャンとの出会いがない」。自分の実力を他と比較することができず悶々(もんもん)としていた。「マジックキャッスルで憧れのマジシャンたちがマジックを披露している光景を見て、勝負したいと思った」。決意を胸に、憧れの舞台に足を踏み入れた。

 

16年2月に帰沖。単独のマジックショーを開いたりイベント会場で披露したりしている。

8月末、ずっと背中を追い続けてきたセロさんと面会する機会ができた。中学の頃から必死に練習してきたセロさんのたばこを使ったマジックを本人の前で披露すると、セロさんは「自分はもうこのマジックをしなくていいね」と笑った。後日、MASAさんがフェイスブックにアップしたツーショット写真には「憧れの存在からライバルに変わった瞬間」という言葉が添えられていた。

 

(嘉数陽)

【関連記事】

MONGOL800が8枚目のアルバム ご機嫌な曲で「Pretty Good!!」

ゴリ、新喜劇で沖縄を熱くする! 世界のウチナーンチュ大会で公演
【動画】女性社長を語る 木曜のまげひらNEWSでGO!!

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング