沖縄のいじめ倍増 不登校も最多 15年度文科省調査

投稿日: 2016年10月28日 11:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

 

文部科学省が27日に公表した2015年度の問題行動調査で、病気、経済的理由以外で年間30日以上欠席した県内小中学校(国公私立)の不登校者数は2222人と、前年度より150人増加し、過去最多となった。一方、経済的理由による長期欠席者数も9人となり、前年度の1人から大きく増加した。また、小中高、特別支援学校のいじめの認知件数は2335件で前年度の1029件から倍増した。

 

不登校の内訳は、小学校が564人(前年度455人)で、不登校率(在籍者数に占める割合)は0・57%と前年度より0・11ポイント増。中学校は1658人(同1617人)で、不登校率は3・30%と、前年度より0・1ポイント増えた。いずれも1996年度からの20年で最高となっている。90日以上の欠席は小学校が202人、中学校が852人。

 

全国の不登校率は小学校が0・42%、中学校が2・83%。県教育庁義務教育課は、増加した要因について「いじめや生活習慣の乱れ、非行、家庭環境などさまざまな要因が絡み合っている。個々の実態の的確な把握と指導で対処していく」としている。

 

また県内高校の不登校者数は1301人で、前年度より33人減少した。

 

県内の経済的理由による長期欠席は、小学校で6人、中学校で3人。小学校は11年度に3人、その後は14年度まで毎年度1人だった。中学校は12年度からゼロが続いていた。

 

県内のいじめ認知件数では、小学校が1491件(前年度356件)、高校が259件(同88件)、特別支援学校が9件(同6件)と増加している。中学校は576件(同579件)と減少した。全体の千人当たりの認知件数は11・5件で、全国平均の16・4件を下回った。

 

当たりの認知件数は11・5件で、全国平均の16・4件を下回った。

 

一方で、認知件数に対し解消に至った件数は81・6%だった。

【関連記事】

いじめ、差別考えよう 11月に那覇で「こども映画祭」

いじめ解決に工夫 うるま・中学生フォーラム
中退と貧困化防ぐ 学習、生活、就労を支援

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング