大学×映画=社会とつながる 琉大とシアタードーナツがコラボ授業

投稿日: 2016年11月02日 14:00 JST

image
映画鑑賞を通した学生の学びに連携して取り組む野入直美准教授(左)と宮島真一さん=沖縄市のシアタードーナツオキナワ(写真・琉球新報社)

 

【沖縄】カフェで映画を楽しむカフェシアターと大学が“コラボ”したユニークな「学び」が始まっている。仕掛け人は琉球大学法文学部人間科学科の野入直美准教授(社会学)と、シアタードーナツオキナワ(沖縄市中央)を運営する宮島真一さんだ。さまざまな社会問題や人間の生きざまを描いたドキュメンタリー映画を鑑賞し、感想を報告することを授業の出席点として扱う。学生に自身と社会との結び付きを考えるきっかけを与え、社会課題に対する能動的な姿勢を養う。

 

映画鑑賞は社会系科目「現代社会のしくみ」で、2015年度後期から始めた。きっかけは同年7月に、野入准教授が大阪朝鮮高級学校ラグビー部の奮闘を描いた「60万回のトライ」をシアタードーナツで上映したこと。在日朝鮮人を取り巻く社会情勢などを考えるトークイベントも開いた。

 

学生は推薦映画を見て学内システムで感想を報告する。15年度後期には87人が受講、ウェブ上に計102の書き込みがあった。16年度は前後期で計207人が登録した。

 

これまでの推薦映画は、元受刑者とHIV(エイズウイルス)陽性者が自らの人生を芝居で表現する米国の劇団を追った「トークバック~沈黙を破る女たち~」や、服の価格を安く抑えたファストファッションの裏に潜む発展途上国の人々や環境に与える問題を描いた「ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション 真の代償~」など。

 

トーク-では学生から「差別や偏見は無知が原因だと感じる。HIVだけでなく、他の差別問題もなくなるよう、私も知識を付けたいと強く思った」、トゥルー-では「私たち消費者は消費によって誰かに害を与える立場にいる。自分の立場を認識し、解決に向け取り組める人になりたい」などの感想があった。

 

野入准教授は「世の中には自分と関係ないことは一つもない。どんな問題でも、自分から関わることはできる。映画を見て『面白かった』だけでなく、感じた問題意識を発信し、社会を変えようとする姿勢を養ってほしい」と語った。

 

宮島さんは「見た人が次のステップにつなげられるような内容の映画を選んで上映している。豊かな人生づくりの応援をしたい」と力を込めた。

 

【関連記事】

いじめ、差別考えよう! 11月に那覇でこども映画祭

座間味島を舞台に映画 「島々清しゃ」 伊東蒼、安藤サクラら出演
【ネタバレ注意】沖縄も舞台 映画『怒り』の原作者・吉田修一さんインタビュー

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング