出会いも結婚も渡嘉敷 島で6年ぶり披露宴

投稿日: 2016年11月07日 15:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

 

沖縄県渡嘉敷村で6年ぶりに住民の結婚披露宴が1日、催された。新郎新婦は阿波連区のホテル「ケマテラス」料理長の吉野浩正さん(46)と、同区居酒屋「まーさーの店」従業員の達子さん(32)(旧姓・水落)で、ともに東京都出身。2人の門出を村民や東京などから駆け付けた両親をはじめ親族、友人ら約100人が祝福した。

 

企画者や地域の要望で国立沖縄青少年交流の家「レストランちゅらうみ」(小禄茂店長、沖縄ダイケン委託)を会場に開かれた。同所での結婚パーティーは吉野さん夫妻が初めて。

 

料理人の浩正さんは9年前に東京から渡嘉敷島にダイビングで訪れ、島の自然と住民の優しさに魅了され移住を決意、4年前に東京から島に移住した達子さんと縁あって知り合い、交際を続けて今年3月に結婚した。

 

披露宴は家族や親しい友人らで、達子さんが勤める居酒屋でささやかに開く予定だった。だが、同店の比嘉政信オーナー(56)は、達子さんにぜひウェディングドレスを着せ、盛大なパーティーをと仲間に呼び掛けた。

 

企画、運営全般、会場づくり、進行、余興などは吉野夫妻の職場のオーナーをはじめ、同僚、友人、交流の家職員らが全て手づくりで行い、料理などは同所レストランの小禄店長らが調理した。心温まるアットホームな披露宴となった。

 

招待された松本好勝渡嘉敷村長は「小さな島で大きな出会い、大きな披露宴、永遠の愛を誓い幸せに!」と祝辞を述べた。吉野夫妻は「島の人に支えられたおかげです。島に残り、2人で力を合わせ全力で生き抜いていきます」と謝辞を述べた。
舞台では島の子どもたちの三線、青年会のエイサーで盛り上がり、カチャーシーで締めくくった。(米田英明通信員)

【関連記事】

恋愛成就「頼みます」 台湾から「縁結びの神」

パクチー料理が食べられる沖縄那覇のおすすめ3店 記者が食べ歩き
生きづらさを「楽しい」に daimonCUP 女性フットサル大会

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング