「活動 地元で伝える」 全国議員ネット、高江訪問

投稿日: 2016年11月08日 11:00 JST

image

【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り7日、全国の地方議員でつくる「自治体議員立憲ネットワーク」の議員ら32人が東村高江のN1地区ゲート前を訪れた。

 

議員らが午前9時にゲートに到着すると同時に、機動隊員が抗議する市民の排除を開始。現場は議員たちを迎え入れる声と怒号が飛び交い、騒然とした。

 

大阪府警の機動隊員が「土人」「シナ人」と発言したことに、大阪府堺市の長谷川俊英市議は「沖縄県民の皆さんに、府民の一人としておわび致します」と言及。座り込みを続ける市民に「この活動の様子を(地元に)伝えたい」と激励した。千葉県船橋市の三宅桂子市議は「若い機動隊員が、ここで警備することを気の毒に思う」と述べ「しかし、沖縄県民は基地を造らないでほしいという願いからここに集まっている。抗議する権利を奪わないで」と訴えた。

 

議員たちは、各地から集められた機動隊員に「一緒に(地元に)帰りましょう」と呼び掛けた。

 

一方、建設予定地の「G地区」付近で抗議行動した市民によると、4~7日にかけて約680メートルにわたる伐採が確認された。

 

【関連記事】

高江区、国の財政支援受諾へ 着陸帯反対は堅持

辺野古、高江で抗議声明 議員立憲ネット、沖縄県内で基地学ぶ
北部ヘリ着陸帯、来月にも完成 政府、来月20日にも返還式

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング