カミングアウトできる環境を 那覇で性多様性シンポ

投稿日: 2016年11月14日 15:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

 

シンポジウム「レインボーなは~性の多様性を尊重するまちづくり」が12日、那覇市の県立博物館・美術館であった=写真。レズビアンであることを公言しているハワイ州最高裁判所判事のサブリナ・シズエ・マッケナさんが講演した。マッケナさんは昨年、米連邦最高裁判所が打ち出した同性婚を認める判決などを挙げ「法律で権利が守られていると分かるから公言できた」と実感を込めた。学校や職場で性の多様性を広げることが重要として「カミングアウトできる状況をつくってほしい」と呼び掛けた。

 

シンポは、なは女性センター開設20周年を記念し、那覇市と自治総合センターが主催した。約220人が来場した。マッケナさんは、父親が米国人で母親が日本人。現在、同性パートナーと3人の子どもを育てている。「アジア系の裁判官として、性的少数者でも幸せに暮らせると伝えたい」と力を込めた。

 

後半は、城間幹子那覇市長やレインボーアライアンス沖縄共同代表の砂川秀樹さんら5氏がパネル討議で登壇した。城間市長は7月に「那覇市パートナーシップ登録」制度を始めて以降、13組の同性カップルに登録証を交付したと発表した。

 

【関連記事】

誰にでも優しい観光地へ LGBT支援、県内企業で広がり

ホテル、LGBT歓迎 宿泊や結婚商品強化 県協会も積極姿勢
同性カップルにパートナー証明書第1号 那覇市が交付

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング