福島の苦闘と希望報告「何も終わらない福島の5年」 河北新報の寺島氏が新著 沖縄での討論会も詳述

投稿日: 2016年11月14日 15:00 JST

 

image
(写真・琉球新報社)

 

宮城県の新聞記者で東日本大震災の被災地取材を続ける寺島英弥さん(河北新報社編集委員)が新著「何も終わらない福島の5年-飯舘・南相馬から」を著した。原発事故に幕引きを図ろうとするかのように政府側の「復興」事業が喧伝(けんでん)される陰で、除染活動や風評被害、帰還問題などの難題と向き合う福島の苦闘と希望を丹念に報告している。

 

寺島さんは3月に沖縄で開かれた「フォーラム3・11 今できること」(琉球新報社、沖縄テレビ放送、ラジオ沖縄主催)に出席しており、新著のエピローグでそれを取り上げた。震災の記憶を継承し、被災地や避難者に寄り添って支援を継続することを確認した討論の内容を詳述している。

 

「あとがき」では「『終わらないことは終わらない、おかしいことはおかしい』と言い続けなくては。歴史を記録し、伝えてきた先達である沖縄の人たちに学ぶ時だ」との同フォーラムでの発言を紹介した。

 

「原発事故による惨禍は、広島、長崎の原爆、沖縄戦などの犠牲と同様、風化による忘却を許しません」「『何も終わっていない』と言い続けるのは『隠す』『小さくする』『繰り返す』側もあるからです」とも述べ、被災地取材を続ける決意を表している。

【関連記事】

7000人を笑顔に イラストレーター・森さん 被災地通い似顔絵描く

「家賃支援、継続を」 福島原発事故 避難者、沖縄県に要請
「エイサー届けたい」北中城の若者 宮城、福島を訪問

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング