「あぐー」新メニュー続々 一流シェフの創作料理試食会

投稿日: 2016年11月21日 12:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

 

一流ホテルのシェフが提案したあぐー豚の創作料理の試食会が16日、沖縄県恩納村のANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートで開かれた。

 

「一流ホテルの味を家庭でも」をテーマに「ロース肉のスパイシー味塩釜包み焼き」や「あぐー豚とレンズ豆、キヌア添え」「和風パスタ」など、各料理長が腕を振るった7品目が披露された。

 

11月29日のうちなーいい肉の日に向けた企画。あぐーの生産や販売に携わる組織でつくるJAおきなわ銘柄豚推進協議会が初めて主催し、畜産業や飲食店、メディア関係者ら約60人が参加した。提案されたメニューはレシピ集を作成し、県内のファーマーズマーケットやAコープで配布する。

 

中国料理の與座敏光料理長は「あぐー豚三枚肉を使った焼きホイコーロー」を実演し、湯通しした三枚肉と特製みそを生かしたさっぱりした味わいが特徴で、会場からは「これまでに食べたことがない味だ」と評価する声が上がった。

 

試食会に参加した、アジアに飲食店を展開するえんグループの又吉真由美代表は「店ではしゃぶしゃぶで提供しているが、今回の料理に可能性を感じた。アジアでもあぐーの認知度が高まっており、今後の参考にする」と語った。

 

推進協議会の崎原勲会長は「あぐーの特徴であるさっぱりした脂身を活用した料理が多かった。レシピ提案であぐーの消費拡大につなげたい」と語った。

【関連記事】

琉球料理の魅力、シンガポール映画に 「ジーマーミー豆腐」

料亭「美栄」の経営継承 琉球料理の研究に 沖縄美ら島財団
沖縄県・恩納村瀬良垣にハイアット 東急不動産など初進出

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング