東京で育む“沖縄愛” 具志堅さんら県人会シンポで夢語る

投稿日: 2016年11月28日 13:00 JST


image
(写真・琉球新報社)

 

東京沖縄県人会創立60周年を記念した琉球新報移動編集局フォーラム「飛躍-在京沖縄県人の将来と課題」(琉球新報社、東京沖縄県人会主催)が26日、東京都の板橋区立文化会館で開かれ、約1100人が参加した。

 

登壇者のボクシング元世界王者の具志堅用高氏は、関東のウチナーンチュを一堂に集めた沖縄大会を東京ドームで催すことが私の夢だと語り、その実現を提起した。仲松健雄東京沖縄県人会会長は東京に沖縄会館を造ることや、2020年の東京五輪セレモニーで2020人の「四ツ竹」を披露することなど目標を示した。

 

基調講演した具志堅用高氏は「人間は頑張れば夢はかなう。私の人生を振り返ると100%そうだ。勇気と我慢、努力が大切だ。私の勇気と我慢は大人になって培われたのではなく、石垣島で少年時代に育まれたハングリー精神が基礎になった」などと語った。

 

フォーラムで、南風原朝和東京大副学長は「学力、体力、遊びも含めて幼少期からの基礎づくりが大切だ。親、学校、社会がそれを育む姿勢や努力が必要だ。偏差値が高い大学に入ったからといって、社会で活躍するとは限らない。基礎力がある人が伸びる」と強調した。

 

女優の鉢嶺杏奈氏は「つらい時は沖縄の『なんくるないさ』を心の中で唱えている。それで仕事を頑張れるし、つらいことも乗り越えられる。先祖に助けられていると感じる。感謝したい」と語った。仲松健雄氏は「県人会の60年は原点回帰の機会だ。原点は沖縄愛を育み、強い組織を目指すことだ。目標へ向かって一丸となる」と決意を表した。

 

芸能フェスティバルも催され、人間国宝の西江喜春氏の三線演奏のほか、大勢の沖縄芸能関係者が踊りなどを披露した。富田詢一琉球新報社社長は、沖縄への県人会の貢献をたたえ、仲松会長を特別表彰した。

 

【関連記事】

サプライズゲストは具志堅用高さん 世界県人大会開会式

似てる?似てない? 海の安全守る「ちょっちゅねー」
沖縄パワーもらっている 女子ボクシング世界王者の池原シーサー久美子

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング