空手 沖縄開催「厳しい」 東京組織委が県に伝える

投稿日: 2016年11月30日 11:00 JST

image
東京五輪空手「形」誘致断念を発表する翁長雄志知事=29日、県議会棟
(写真・琉球新報社)

 

2020年の東京オリンピック空手(形)沖縄開催誘致実行委員長を務める翁長雄志知事は29日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が空手「形」の沖縄開催について、「非常に厳しい」と県側に伝えたことを明らかにした。同日に県庁であった会見で発表した。

 

12月上旬に予定される国際オリンピック委員会(IOC)理事会による空手競技開催地決定を前に、伝えられたという。県内開催の可能性がなくなったことに、翁長知事は「大変残念な状況だ」と語った。一方、要請してきた聖火リレールートへの沖縄参入などは引き続き求めていくとした。

 

東京五輪の分散開催が他競技においても困難視される中、空手が東京五輪追加種目に決まった時からのIOCの既定路線通り、東京・日本武道館で行われる見込みだという。今後も実行委は(1)聖火リレールートへの沖縄参入(2)開会式での空手・古武道、エイサーや琉球舞踊の披露(3)事前合宿県内誘致を東京組織委などに求めていく。

 

実行委で共に要請を行った沖縄伝統空手道振興会の喜友名朝孝理事長は、沖縄開催がなくなったことを残念がりつつ「県民に希望を与えるため、ぜひ聖火は沖縄から出発してほしい」と語り、残る項目の実現に向けた取り組みを強調した。

 

来春には沖縄空手会館の開館が控えており、10月には国際通りで3973人の形の一斉演武を実施してギネス世界記録を更新したばかり。空手発祥の地としての沖縄を世界にアピールしようと県や県議会、経済界や空手関連などの21団体で組織した同実行委は9月の設置以降、関係省庁や団体に要請を重ねてきた。東京組織委への11月24日の要請の際に、沖縄開催は厳しいと伝えられた。

 

【関連記事】

五輪空手の沖縄開催「働き掛けたい」 鶴保担当相が沖縄訪問

東京五輪、空手「形」沖縄開催を 知事ら政府に要請
空手演武3973人 ギネス更新 国際通りで記念祭

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング