揚陸艦模したLHDデッキ 伊江で工事着々

投稿日: 2016年12月02日 11:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

 

【伊江】米軍伊江島補助飛行場内で強襲揚陸艦の甲板を模した着陸帯「LHDデッキ」の拡張工事が着々と進められている。拡張工事は、2017年に岩国基地に配備予定の最新鋭ステルス戦闘機F35と垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの離着陸訓練を行うためとみられている。工事は8月22日に始まっており、工期は来年8月末まで。

 

琉球新報社が11月28日、小型無線ヘリで工事の現状を撮影した。工事は海兵隊が14年11月に策定した「海兵隊航空計画2015」に記されている。オスプレイについてはホバリングや離着陸訓練に対応するものとされる。

 

写真では、奥の方で「LHDデッキ」を模した着陸帯の整備が進み、砂利が敷き詰められている様子が確認できる。手前で丸く盛り土されている場所はヘリパッドの整備とみられる。「LHDデッキ」からさらに奥には、13年ごろに供用が確認されている四角形のヘリパッド4カ所と舗装されていないヘリパッドが確認できる。全部で6カ所あるとみられる。

 

「LHDデッキ」の工事後の着陸帯の敷地は約10万7千平方メートルと約2倍になり、幅は800メートル超となる予定。米軍は17年半ばの利用開始を予定している。

 

【関連記事】

中北部の基地強化加速 米軍の伊江島着陸帯拡張、「辺野古」見据え足場固めか

日米、97年にオスプレイ協議 沖縄配備10年まで隠す
国、沖縄の「県政分断」図る 知事のヘリパッド容認で、辺野古の県軟化も狙う

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング