北海道で行政視察中にゴルフ 沖縄・糸満市議が2013年 公費で日当・宿代

投稿日: 2016年12月06日 11:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

 

2013年6月に沖縄県糸満市の市議(当時)4人が、行政視察で訪れていた北海道網走市の「市内視察」の最中にゴルフをしていたことが5日、分かった。3人はすでに引退している。うち現職の市議はゴルフをしたことを認めた上で「市内視察は個人的に自由行動と考えたが、反省しないといけない。不適切だった」と語った。識者は「ゴルフは視察でない。視察費は返納すべきだ」と話している。

 

行政視察は、2013年6月4日から3泊4日の日程で、市議8人が東京や北海道を訪れた。国立ハンセン病資料館や網走市の活性化事業などを視察した。ホテルパック代や日当(1日3千円)など1人当たり14万8830円が議会調査研究事業費で支払われた。

 

ゴルフをしたのは3日目。午前9時30分に網走市役所を訪問し、午前10時から1時間、中心市街地を視察した。昼食後、午後1時から「市内視察」の予定だったが、行く先は事前に決めていなかったという。タクシー2台に4人ずつ乗り、そのうちの1台がゴルフ場へ行った。

 

市議は「ゴルフ場が近くにあると聞いていたので、『じゃあ行ってみようか』という流れだった」と説明。ゴルフ用具はレンタルし、ゴルフ代は私費で払ったという。

 

また3人は4日目も「市内視察」の時間に別のゴルフ場でミニコースを回ったという。

 

政治資金問題に詳しい神戸学院大の上脇博之教授(憲法学)は「(議会調査研究事業費も)税金に変わりはないので返納すべきだ」とした上で「そもそも計画があまりにもずさん。最初からどこに行くか決めていないのはおかしい。本当に視察するためだったのか。最初から自由行動をつくっていると疑われても仕方がない。論外だ」と語った。

 

5日に12月議会が開会した糸満市議会(徳元敏之議長)は同日、議会運営委員会を開き、対応を協議した。各会派で議論した後、19日の議会運営委員会で調査特別委員会の設置について諮る予定だ。

 

【関連記事】

上原糸満市長が就任 「にぎわいのあるまちに」

子どもと女性への暴力NO 糸満市県内初 庁舎ライトアップ
県、泊市場移転先送り 漁業者合意得られず 最長5年後

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング