「あがーでーじ痛い」 股間の痛み耐え子宝願い「ドウドイ」 沖縄名護市

投稿日: 2017年01月10日 13:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

 

【名護】ひもで十字に縛られた直径約10センチの丸太で作った「ウマ」に男性がまたがり、子宝を願って痛みに耐えながら集落を練り歩く名護市久志区(宮里武継区長)の新年恒例行事「ドウドイ」が3日、同区内で行われた。ウマにまたがった同区出身で宜野座村在住の島袋智彦さん(39)は顔をゆがめながらも約10分間、ウマに乗り切った。区民らはウマの後についていき、太鼓やホラ貝のリズムに合わせて「ドウドイ」と掛け声を上げながら行進した。

 

島袋さんは結婚6年目だが、子どもはいない。島袋さんには「ドウドイ」に参加するにあたり、一つの心配事があった。身長約178センチ、体重約100キロの島袋さんは「ドウドイの棒は太くないので、私の体重を支えられるだろうか」と話していた。

 

島袋さんは男性3人が担ぐウマに乗ると「あがー」「でーじ痛い」と股に走る激痛に絶えながら、約10分間ウマに乗り続けた。ウマから下りると「はー」と痛みを和らげるように息を吐いた。島袋さんは「ドウドイの間は終わることしか考えていなかった。これで(子どもは)大丈夫だと思う」と笑顔で話した。

 

3年前と7年前にドウドイのウマに乗った新川浩希さん(34)=会社員=はドウドイのウマに乗ったその年にそれぞれ男の子を授かった。新川さんはウマに乗った島袋さんに対して「つらかったと思うが、これでもう大丈夫だと思う」とエールを送った。

 

【関連記事】

シークヮーサー結婚式 幸せ誓い2人で植樹 品地夫妻がモニター参加

ザトウクジラ 交尾は1,2月 21年間の調査 沖縄美ら島財団
<金口木舌>妊娠・出産期のケアを

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング