本島周辺のサンゴ良好 宜野湾・北谷沖 海人の会が調査

投稿日: 2017年01月12日 11:00 JST

image
リーフチェックする「ちゅら海を守り、活かす海人の会」のメンバーら=11日、宜野湾市の大山長瀬(金良孝矢撮影)

 

漁業者や海洋関連事業者らでつくる「ちゅら海を守り、活(い)かす海人の会」は11日、宜野湾市と北谷町沖の2地点で、サンゴの状態を調べるリーフチェックを実施した。調査に同行した日本自然保護協会の安部真理子主任は「昨年の白化現象の影響が少しあったが、元気なサンゴが多く健全な状態だった」と評価した。

 

石垣島と西表島の間にある石西礁湖では白化現象により7割が死滅したが、本島周辺では比較的良好な状態であることが示された。一方、海人の会の玉栄将幸共同代表は「(本島)西側は健全な方だが、東側の金武湾や伊計島周辺で白化がひどく藻が付いているものもある」と指摘した。

 

海人の会は10日は糸満市の糸満漁港と大度海岸沖の2地点も調査し、両地点とも健全だった。

 

同会が2016年度に実施したリーフチェックの結果は2月26日、宜野湾マリン支援センターで開かれるサンゴ礁ウイークのイベントで発表される。

 

【関連記事】

石西礁湖のサンゴ7割死滅 白化拡大、回復に時間

『サンゴ礁に生きる海人』 人々の共生の知恵
大浦湾のサンゴ「健全」 海人の会、白化も確認

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!手の灰が移動する仰天ハロウィンマジック2017.10.31

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング