防音拡大、国に要求ー嘉手納基地周辺騒音分布見直し

投稿日: 2017年01月26日 11:00 JST

image
初開催の住民総決起大会で決議案を採択する来場者ら=25日午後8時すぎ、嘉手納町のかでな文化センター(写真・琉球新報社)

 

防衛省が進める米空軍嘉手納基地周辺の航空機騒音を示す騒音分布図(コンター)の見直しを受け、「住宅防音事業問題の解決に向けた住民総決起大会」(同実行委員会主催)が25日、嘉手納町のかでな文化センターで初めて開催された。見直しにより住宅防音工事の対象範囲が縮小される可能性が高いとして、中部市町村の首長や議員のほか、住民ら約800人が参加し、騒音による日常生活への負担の軽減を訴え、騒音分布図の拡大などを求めた。

 

大会では(1)嘉手納基地周辺コンターの拡大、告示の引き上げ(2)うるささ指数(W値)75区域内の建具復旧工事の実施(3)住宅防音事業予算の増額-を求める決議文を採択した。

 

住民代表としてあいさつした新川一彦さん(59)=うるま市=は「イデオロギーの問題ではない。嘉手納、普天間両基地は現実にある。正当な権利の主張だ」と訴えた。大会の実行委員長を務める島袋俊夫うるま市長は「基地周辺自治体に最も多く寄せられる苦情は米軍機の騒音問題についてだ。日常生活の負担軽減に防音事業の十分な実施が必要だ」と述べた。

 

コンター見直しでは3月末まで調査が実施され、それ以降に範囲などが決定する見込み。既に全国で実施されている見直しでは対象が大幅に減っている。

 

米軍基地や自衛隊基地などの周辺で国が防音工事の完了から10年以上が経過した時に実施する建具の「機能復旧工事」は、県外ではW値75以上で実施されるのに対し、県内ではW値80以上となっているため、大会では速やかな工事実施を求めた。また、現在のコンターが告示された1983年の基準日以降に建設された建物が対象になっていないことについても問題視する声が上がった。

【関連記事】

沖縄高専で101デシベル オスプレイ、高周波も最大級

翁長知事「県民不在、強い憤り」 オスプレイ空中給油再開
自衛隊機の飛行差し止め認めず 最高裁「高度の公益性」

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング