沖縄県金武湾に「希少ポルトガルガキ自生」ー企業、漁協が養殖試験へ

投稿日: 2017年01月26日 12:00 JST

image
うるま市の海岸で採取されたポルトガルガキ(クラスオストレア・アンギュラータ)(バイオジェット提供)

 

ポルトガルガキとも呼ばれ、温暖な海域に生息するカキ「クラスオストレア・アンギュラータ(学名)」がうるま市の金武湾沿岸に多数自生しているのが確認され、生物資源研究のバイオジェット(うるま市、塚原正俊代表)と周辺漁協などで2017年度から養殖試験を始めることが25日、分かった。

 

アンギュラータは小ぶりで味が濃厚な特徴があるが、養殖場の環境悪化などで世界的に生産が途絶えており、商業的に希少価値が高い。関係者は「沖縄に自生するカキであれば養殖のハードルは下がる」として、新たな海面養殖産業につながる可能性に期待している。

 

沖縄でのアンギュラータの生息は、13年に県外の研究機関が沖縄市泡瀬での確認を論文で報告している。バイオジェットや北海道食品産業協議会の西川信良技術顧問らは15年度から本島北部、中部地区でカキの生息調査を行い、採取した個体を遺伝子解析したところアンギュラータを含む5種類を確認した。中でもアンギュラータは過去にフランスや台湾などで養殖されて広く食されてきた知名度があり、養殖による商用化が見込めると判断した。

 

塚原代表は「本土のマガキの種を持ってきて沖縄で養殖する試みが続けられているが、自生する種類を育てることで養殖技術や地域ブランドとしての付加価値を高められる」と話した。

 

(知念征尚)

【関連記事】

世界初、カキを陸上養殖 沖縄・久米島、海洋深層水を使用 「安心安全」アピール

アカジン完全養殖成功 石垣の国立水産研 産業化に期待
食事気にせず、満喫 沖縄石垣初 アレルギー対応ツアー

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング