欠航など7800人超に影響…那覇空港の空自F15事故、離陸直前に脱輪

投稿日: 2017年01月31日 11:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

 

30日午後1時19分、沖縄県の那覇空港から訓練のために離陸しようとした航空自衛隊F15DJ戦闘機の前輪部分が故障し、タイヤが外れた。機体は自走不可能となり、那覇空港滑走路は午後3時9分に再開されるまで1時間50分閉鎖された。那覇空港事務所によると、民間機合計60便に欠航や目的地変更などの影響が出た。米軍嘉手納基地に一時的に着陸して待機した便もあった。琉球新報の取材では、遅延便も含め少なくとも7800人(同日午後8時現在)の乗客に影響が出た。

 

那覇空港は民間機と自衛隊が共同で使用する「軍民共用」。航空自衛隊那覇基地は詳細な原因について「調査中」としていて、31日以降の同型機の飛行については未定という。那覇基地によると、故障したのは那覇基地所属の戦闘機で、4機で飛行訓練に向かう予定だった。離陸滑走前に低速で移動していた際に、滑走路の南端近くで脱輪した。破損したのは前脚とタイヤのつなぎ目だった。

 

飛行前後に機体の点検があり、30日も整備員による外観の点検が実施されていたが、異常はなかったという。31日以降に同型機の本格的な点検を実施する。戦闘機の乗員にけがはない。

 

那覇基地がクレーンで事故機を移動させ、滑走路の確認を終えてから民間機の離着陸が再開された。空港事務所によると滑走路には深さ約1センチの擦過痕が確認されたが、運用には影響がないという。

 

同日午後5時現在で40便が欠航、14便が目的地を変更し6便が出発地に引き返した。

 

那覇空港は2016年7月に同基地所属のF15戦闘機が、滑走路のくぼみにはまって動けなくなり、約40分間滑走路が閉鎖されるトラブルが発生した。

 

那覇基地司令の川波清明空将補は「滑走路を閉鎖したことにより多くの方々に迷惑を掛け、おわびする。原因を調査し、再発防止に万全を期す」とコメントを発表した。

【関連記事】

「危険と隣り合わせ」 那覇空港の空自機脱輪、足止めの乗客に疲労といら立ち

民間機が嘉手納基地に着陸 乗客189人が機内で待機 那覇空港閉鎖の影響
国際線と国内線が一体に 連結ターミナルが起工 那覇空港

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング