スイス出身監督が見た沖縄、映画「カタブイ」が上映開始ー日常切り取る

投稿日: 2017年02月06日 13:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

 

スイス出身のダニエル・ロペス監督の映画「カタブイ-沖縄に生きる-」の上映が4日、那覇市の桜坂劇場で始まった。

 

ロペス監督は2003年から沖縄に移住。映画は自身がなぜ沖縄に引かれたのか、その理由を追い求めていくドキュメンタリーで、4日の封切りには会場に多くの観客が詰め掛けた。

 

観客からは「沖縄で日々暮らしていることがこんなに素晴らしいとは思わなかった」などの感想が聞かれた。感動の涙を流す観客も多く、ロペス監督の視点を通じて、改めて沖縄の良さに気付いた様子だった。「カタブイ」は、エイサーや旧盆、空手、琉球舞踊、獅子舞、葬儀など沖縄の日常にスポットを当て、さまざまな立場の人と会話をしながら沖縄を見詰めていく。

 

上映後、ロペス監督は「スイスでこの映画を上映した時、たくさんの人が『この映画を作ってくれてありがとう』と言ってくれた。私は映画に協力してくれた全ての人たちと沖縄の皆さんにありがとうと伝えたい」と感謝の言葉を述べた。

 

このほか映画に出演したロックバンド「マルチーズロック」の糸満盛仁さんや「おばぁラッパーズ」の新城利枝子さんらが駆け付け、劇中に歌われる「てぃんさぐぬ花」などを歌った。新城さんは「沖縄に生まれて良かったと思えるような作品だ。見て、感動してください」と話した。

 

上映は3月3日まで。問い合わせは桜坂劇場(電話)098(860)9555。

【関連記事】

音楽でつなぐ絆 慶留間舞台の映画「島々清しゃ」出演の安藤サクラらに聞く

佐久本宝 沖縄見詰め 演じたい 映画「怒り」で好演 役者に本格挑戦へ
テーマは「美容室と畑とヨガ」(1)沖縄で古民家再生 夫婦で始めたDIYストーリー

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング