沖縄・粟国、旧正月華やかにー伝統行事で地域繁栄願う

投稿日: 2017年02月10日 15:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

 

100年以上続く粟国島の旧正月行事が1月27日から30日まで行われた。大みそかの27日はマースヤーと呼ばれ、各家庭へ塩を売り、踊りをささげる行事があった。歌や三線、太鼓に合わせて化粧を施した着物姿の子どもたちが踊りながら各家を練り歩いた。

 

マースヤーを迎えた家のあるじは、祝儀を渡し、お酒やお菓子、ごちそうを振る舞った。マースヤーは各部落を小分けした組(クミ)や原(ハル)という11の小字単位で行なわれ、華やかに地域を盛り上げた。

 

旧暦1月2日にあたる29日は「船起こし」が行われた。島で操業する船主が大漁祈願と併せ、島民の交通手段である「フェリーあぐに」の安全航海を祈願した。「フェリーあぐに」では毎年、積み荷を降ろした後の船内で、島民や関係各所の来賓を招き「船起こし」を開催している。

 

旧暦1月3日の30日は「村おこし」があった。朝早くから「チカノー」にある「ユノーサーウガン」と呼ばれる拝所へ男性が祈りへ。その後、三つの小字(前組・後組・西組)がある浜部落の観音堂へ集まり、踊りを奉納した。この日は急に雨が降り出したが、それでも雨がっぱを羽織り、大人や子どもたちが元気に踊りをささげた。

 

(大城智恵通信員)

【関連記事】

大技に大歓声 旧正、マチグヮーでプロレス

青空になびく大漁旗 糸満漁港で旧正月
厄払い「ホーイホイ」 旧正前、集落練り歩く 宮古・上野野原

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング