普天間5年内停止「難しい」首相、翁長知事に責任転嫁

投稿日: 2017年02月15日 16:00 JST

image
沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場=2017年1月
(写真・琉球新報社)

 

安倍晋三首相は14日の衆院予算委で、政府と県が約束している2019年2月までの米軍普天間飛行場の運用停止(5年以内運用停止)について「残念ながら翁長雄志知事に協力していただけていない。難しい状況だ」と述べ、翁長知事の姿勢を理由に実現困難とした。19年2月の期限まで残り2年となる中、首相が運用停止を困難視するのは初めて。赤嶺政賢氏(共産)の質問に答えた。

 

赤嶺氏は佐喜真淳宜野湾市長が昨年12月、政府に対し「日米両政府及び沖縄県」があらゆる方策で5年以内の運用停止など普天間飛行場の危険性除去を要請したことを挙げ、日米首脳会談で安倍首相がトランプ米大統領に要求したか確認した。

 

安倍首相は「詳細は差し控える」と明言を避けながら、沖縄の負担軽減を求めたことを説明した。その上で、5年以内の運用停止は、普天間の移設先となる名護市辺野古の新基地建設で「地元の協力が得られることが前提」だと主張した。

 

翁長知事が新基地建設に反対していることから「根本のところで全くご協力いただけていない」などと述べ、5年以内の運用停止が実現しない理由を翁長知事に責任転嫁した。

 

防衛省は普天間飛行場で施設補修として雨水排水施設の整備事業などを今後2~3年間行うとしている。そのため、赤嶺氏は「全くやる気がないことの現れだ。5年以内の運用停止を放棄したということではないか」と安倍首相を問いただした。だが、安倍首相は答弁せず、防衛省の深山延暁地方協力局長が「普天間の固定化につながるものではない」と否定する答弁にとどめた。

 

5年以内の運用停止については、仲井真弘多前知事が2013年12月、沖縄政策協議会で安倍首相に要請。安倍首相も「最大限実現するよう努力したい」と受け入れた。14年4月に普天間飛行場負担軽減推進作業部会で運用停止期限を19年2月に設定し、14年10月に「全力で取り組む」との答弁書を閣議決定した。

【関連記事】

普天間の停止、今回も求めず 日米首脳、「辺野古唯一」を声明に明記

沖縄配慮より「軍の論理」…日本側が返答
黒柳さん「辺野古、住民意見尊重を」 9条「変えてはいけない」

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング