中高生50人、稽古に汗…現代版組踊「鬼鷲」琉球王尚巴志伝、来月19日沖縄・宜野湾市で公演 

投稿日: 2017年02月17日 14:00 JST

image
平田大一さんを先頭に稽古に励む中高校生たち=1日、南城市佐敷字新開のひまわり児童館(写真・琉球新報社)

 

島尻・佐敷村の小按司から身を立てて、三山を統一、琉球王朝初代王となった尚巴志の武勇伝を琉球古典音楽と伝統文化の持つ力強さで紹介しようと中高生が稽古に励んでいる。「現代版組踊『鬼鷲』琉球王尚巴志伝」の稽古に取り組むのは南城市を含む沖縄県内の中高生50人。総合演出として、県文化振興会理事長で南島詩人の平田大一さんが指導に当たっている。

 

琉球音楽の始祖といわれる赤犬子を登場させ、三線を携えて各地を旅していた赤犬子(阿嘉)が旅先で出会ったおもろと我聞(がもん)と共に、阿嘉が育った読谷村に戻る。その途中、雨に降られ、雨宿りした読谷間切りの佐敷の森で尚巴志王の墓に出合う。

 

なぜ人里離れた場所にかつての偉大な王の墓があるのか。なぜ読谷の森を「佐敷の森」というのか。阿嘉が鬼鷲と呼ばれた尚巴志王の歴史を、おもろと我聞に話し、聞かせて展開していく。

 

主役の尚巴志役に首里東高校3年の瀬長佑太さん(18)、相手役のきよらには浦添高校3年の平良莉子さん(18)が当たる。他の生徒と共に、尚巴志の武勇伝や英雄となった逸話の鮫退治、民に慕われる王になっていくさまを紹介し、音楽を通じて舞台を盛り上げる。

【関連記事】

「ネットデマ、最近ひどくない?」 オキラジMC モバイルプリンスさん

土地闘争熱演、感動呼ぶ 伊江島の非暴力描く 東京公演
芸術で自分らしさ表現 JICA 障がい者アーティストが交流

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング