”一生ものに”出産祝いに、紅型柄の「命名畳」年と共に風合い

投稿日: 2017年02月20日 14:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

 

畳と紅型の異色のコラボレーション商品が誕生した。豊見城市名嘉地で「たかえす畳店」を経営している高江洲周作さん(37)が、浦添市前田で「城紅型染工房」を開いている吉濱愛さん(36)と連携し、紅型のデザインを用いたオリジナル商品「命名畳」を開発した。2人は「家族、友人の出産祝いのプレゼントなどに使ってもらえたら」とPRしている。

 

高江洲さんは2014年に「畳を使った新たな商品が作れないか」と考え、出産時に内祝いで親族や友人らに配る「命名紙」に着想を得て、紙を畳に置き換えた命名畳を開発した。さらに沖縄らしさを取り入れるため試行錯誤をしていた中、友人から吉濱さんを紹介され、16年8月ごろから紅型デザインの命名畳の開発に取り組んだ。

 

吉濱さんも「畳に紅型のデザインを取り入れるというのは聞いたこともなかったし、面白そうだと思った」と全面協力し、試作を重ねて今年1月に製品を完成させた。縁起のよい松竹梅や鶴亀に加え、赤瓦などもデザインし、沖縄らしさを演出した。命名畳は長さが約55センチで幅が約38センチ。畳表に特殊な印刷機器で紅型の図柄をプリントしている。

 

高江洲さんは「畳の特徴がよく出ていて、年数がたつほど風合いが出るような商品にできた。これをきっかけに畳の良さを知ってもらえたら」と話した。吉濱さんは「畳も紅型も日常生活で利用されなくなりつつあるが、誕生祝いのプレゼントなどで利用してほしい。紙と違って一生ものになる」と良さを強調した。

 

高江洲さんと吉濱さんは第2弾として、畳のへりに紅型のデザインを取り入れた商品の開発にも取り組んでおり「今後も新しいことに挑戦していきたい」と意気込んでいる。

 

命名畳は1枚1万2千円で販売している。問い合わせは、たかえす畳店(電話)098(996)4151、城紅型染工房(電話)098(887)3414。

【関連記事】

高原直泰氏の沖縄SV 首里織・紅型コラボポロシャツ「沖縄の誇りを共有」

新成人の娘へ母の愛 病越え、紅型制作 南風原の城間さん
進化続ける伝統工芸 オキナワンクラフトの魅力

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング