書評『裸足で逃げる』ー受け止め、寄り添う覚悟(湯浅誠・社会活動家、法政大教授)

投稿日: 2017年02月20日 14:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

 

いい香りのする本だ。湿り気のある夜に、すっと風が吹いたときのような。「鈴乃からの手紙には、すとんと風がやむような気配があった」「夜の闇に笑い声が吸い込まれていくような夜だった」--私には、こんな表現はできないなと思って読んだ。「女の子たちのあのさえずるようなおしゃべりや声」は、時に軽めの小説を読んでいるような感覚をもたらす。

 

語られている内容は、どこまでも重い。虐待、暴力、レイプ…10代の少女に背負えるわけがないだろうと思うことのオンパレードだ。実際、彼女たちは背負いきれず、強がったり、笑ったり、どこか現実感のない「さえずるような」話し方をする。著者はそれをそのまま記載する。解説したり、弁解したり、擁護したかっただろうが、それはしない。ただ、強がりや冗談の背後にある重さ、受け止めきれないながらも背負って生き延びる少女たちが放つ生の輝きが垣間見えたとき、著者は涙する。

 

重すぎる出来事、受け止めきれないまま「さえずる」少女たち、同じ目線で接する著者、ときどき垣間見える傷や傷跡…、すーっと読めてしまうが、幾重にも層のある、奥行きのある本だ。どういう読み方もできて、どれも否定されない。そう思えるのは、著者が否定せずに、少女たちに寄り添っているからだろう。力めば、少女たちはするりと逃げてしまう。力まず、軽めに、でも芯のところで引かない。そしてそばにいる。

 

少女たちの姉より年上で母よりは年下の著者が、インタビュアーとしてまた支援者としての経験を積んで、生まれ育った沖縄に戻り、土地勘と同じ言葉を得たことで、今このときに生まれた、今このときにしか生まれなかっただろう、稀有(けう)な本だ。

 

読んでしまった私たちはどうしよう。どこにも書いてないが、おそらく「引き受けて、寄り添う」態度と覚悟を学ぶだろう。その態度と覚悟があれば、少女たちは早すぎたり遅すぎたりした時間を取り戻すことができる。必要なのはその「場」を、あなたと私という関係において、沖縄という地域において、日本という社会において、創り出すことなのだと、芯のところで受け取ることになるだろう。それは、よい体験だ。

 

(湯浅誠・社会活動家、法政大学教授)

【関連記事】

「裸足で逃げる」著者・上間陽子さんに聞く〈1〉 子どもの悲しみ見過ごす社会

「裸足で逃げる」著者・上間陽子さんに聞く〈2〉 沖縄に堆積する「自己責任」
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-444331.html

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング