ユーフルヤー、懐かしく…沖縄市で企画展

投稿日: 2017年02月21日 12:00 JST

image
(写真・琉球新報社)

 

沖縄市史編集担当は県内のユーフルヤー(風呂屋、銭湯)の歴史をまとめた企画展を市中央の市戦後文化資料展示室「ヒストリート2」で開いている。風呂屋は戦前から市民に親しまれ、戦後の全盛期には県内に300軒以上が林立したが、今は市安慶田の「中乃湯」のみ。市内にあった風呂屋の写真や特徴の解説、統計資料などを展示している。4月2日まで。

 

展示資料によると、沖縄で風呂屋が誕生したのは1680年だ。既に那覇地域には「湯屋(ゆや)」があったという。ただ入浴は習慣化されてはおらず、徐々に増え出したのは明治期以降だった。

 

その後、収容所から多くの人が帰郷した戦後復興とともにさらに広がり、全盛期の1960年代初頭には県内に311軒、沖縄市内だけで30軒以上が林立した。

 

しかし70年代に入ると、家庭用風呂の普及や、湯沸かし用燃料の高騰で衰退が進む。80年代後半には、50軒以下にまで減少した。近年では、2014年5月に那覇市泉崎にあった「日の出湯」が閉店し、県内には沖縄市安慶田の「中乃湯」1軒のみとなった。

 

企画展では、番台が外にあるなど沖縄風呂屋の特徴の解説や、旧コザ市内の地区別にあった店舗名なども紹介している。

 

市史編集担当の廣山洋一さんは「戦後の沖縄では、ユーフルヤーは市民の情報交換、子どもたちの社会教育の場として親しまれた。生活の香りを感じてほしい」と来場を呼び掛けた。問い合わせは同展示室(電話)098(929)2922。

【関連記事】

那覇最後の銭湯「日の出湯」 60年の歴史に幕

残り湯に人情の香り 街角の銭湯、沖縄県内3軒に
「お疲れさま」そして「ありがとう」 銭湯ときわ湯、営業終了

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング