多目的トイレをギャラリーに「性的少数者も安心」=沖縄・今帰仁村

投稿日: 2017年02月22日 12:00 JST

image
アート作品いっぱいの楽しいトイレで笑顔を見せる今帰仁村歴史文化センターの石野裕子館長(中央)ら=14日、今帰仁村の同センター(写真・琉球新報社)

 

今帰仁城跡に併設する今帰仁村歴史文化センターはこのほど、施設内の多目的トイレを「誰でも入りたくなる」ようにミニギャラリーとして改装した。LGBT(同性愛や両性愛、性同一障害などの性的少数者)、とりわけ体の性と心の性が一致しないトランスジェンダーの人は男性用、女性用のどちらのトイレにも入りにくい現状があり、自然に安心して利用できるトイレに工夫した。

 

1月28日から3月末まで、デザイナーでイラストレーターのうちまゆみこさんの作品展が開催され、絵やオブジェなど明るく楽しい作品15点を展示している。白を基調としたウッド調の壁も落ち着いた雰囲気を演出する。

 

発案した石野裕子館長は「(男性用と女性用のトイレが別にある場合)多目的トイレでも、実際は妊産婦や車いすの方などの利用が多く、LGBTの人が使いにくい疎外感のあるトイレになってしまう」と指摘する。「公的なサービスとして安心して使えるトイレを提供したい」と思いを語った。

 

この多目的トイレを自由な表現や作品発表の場として無料で貸し出していく。

 

同センターと村教委はトランスジェンダー当事者を迎え、多様な性の在り方への理解を深める講座「LGBTって何だろう?」を3月3日午後7時から村中央公民館で開催する。

 

多目的トイレのギャラリー使用や講座についての問い合わせは今帰仁村歴史文化センター(電話)0980(56)5767。

【関連記事】

生田斗真主演のLGBT映画 レインボー宣言の那覇市が広報応援

リノベで居心地のいい空間に 女性向けDIY 講師はDIYコンシェルジュ島袋さん
“アライ”の輪広げて LGBT知り 共に行動

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング