沖縄「全学徒隊の碑」が完成『学徒隊を忘れないで』10代で戦死した級友への思い

投稿日: 2017年03月14日 15:00 JST

image

 

 

 

 

沖縄戦で「学徒隊」として戦場に駆り出された、旧中等学校全21校の名を刻んだ「全学徒隊の碑」の除幕式が14日、沖縄県糸満市の平和祈念公園で開催される。建立の背景には「学徒隊を忘れないで」という元学徒の熱い思いがあった。戦時中、那覇市泊にあった昭和高等女学校の同窓生の吉川初枝さん(89)と上原はつ子さん(88)は「これだけ多くの学校の学生が動員されたことを伝えたかった。合同の碑できてよかった」と話す。

 

2人が5年ほど前、学校の思い出を話していた時に学徒隊の話になり「今は元学徒がいるが、そのうちいなくなるだろう」という話になったという。「“ひめゆり”のように知られていれば別だが、多くは忘れられてしまうのではないか。どうにかして残さないと思った」と振り返る。

 

周囲の沖縄戦体験者や元学徒に話すと「今さらどうか」という声もある一方で「合同碑にしたらいい」「戦後処理として建立させるべきだ」と賛同も得た。

 

2人はその後、県と県議会に建立を要請し、何度も足を運んだ。沖縄戦に動員され、10代で戦死していった級友への思いがあった。

 

2人は1945年1月から看護隊として教育を受けた。上原さんは看護教育を終えた3月22日、中城に一時帰宅中に空襲が始まった。激しい空襲に学校に戻ることができなかったという。「日本が勝つと信じて疑わなかったから、学校に戻りたいと思っていた」と話す。しかし状況が厳しくなり、戻ることはできなかった。

 

一方、吉川さんは看護隊として野戦病院に配置された。ある日、仕事を終えて、級友と話している時に攻撃が始まった。近くに落ちた弾の破片が胸に刺さり、友人が亡くなった。「ホースから水が出るように血が噴き出した。ずっと友人の名前を呼んでいた」と声を落とした。除幕を前に、吉川さんは「亡くなった人も喜んでいるだろうと言われた」とほほ笑んだ。

 

語り部もする2人には、すでに石碑前での証言を求める依頼が来ているという。上原さんは「合同石碑が、多くの人が訪れる平和祈念公園にできてよかった。これからも経験を伝えていきたい」と話した。

【関連記事】

「民泊で戦争伝えて」 東村で元農林学徒・瀬名波さん 「最期の碑」を案内

青春を語る会終了 元女子学徒ら個人で継承活動へ
沖縄戦 実相伝える ひめゆり資料館25年

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング