「口腔ケアできる歯科衛生士になりたい」4児母の主婦で国家試験合格!

投稿日: 2017年03月16日 14:00 JST

image

 

4人の母親である沖縄県西原町の上間朝子さん(36)が12日、沖縄歯科衛生士学校を首席で卒業した。歯科衛生士になることを夢見て、歯科助手として勤務していた浦添市内の歯科医院を33歳で退職。2014年に同校に入学した。「部活をしている娘や3歳の息子もいて、家事と学業の両立ができるか不安だった」という上間さんだが、夫の安彦さん(37)が「やってみないと分からないよ」と背中を押してくれた。夫や子どもたちの支えを受けて優秀な成績で資格を取得した上間さんは、4月から以前勤務していた歯科医院で、歯科衛生士として第一歩を踏み出す。

 

上間さんは06年から浦添市のサザン歯科まえだで歯科助手を勤め始め、12年までに2男2女をもうけた。家計は自営業を営む夫の安彦さんと2人で支え、にぎやかな生活を送っていた。

 

 歯科助手としてよく老人ホームに出掛けた。十分に手入れのできていない入れ歯を装着する高齢者や、胃に直接通した管で栄養摂取する人を見掛けた。「自分の歯で食事してほしい」。口腔(こうくう)ケアすることで感染症を予防できるほか、健康寿命も延びるという。「口腔ケアのできる歯科衛生士になりたい」

 

 だが、頭に浮かんだのは家族の存在。「資格取得のために仕事を辞めて学校に通ったら、夫に経済的負担を掛けてしまう」。上間さんは高校時代、理学療法士を目指しながらも途中で勉強をやめてしまった経験がある。「今ここで挑戦しないと、過去の後悔を乗り越えられないのではないか」。夫や子どもたちにも相談し、14年、沖縄歯科衛生士学校の門をたたいた。

 

 在学中、中学生から3歳児までの子どもたちが洗濯物を畳んだり、食事の準備を手伝ってくれたりした。「今こそ必死にならなきゃ」。家族の支えを一身に受け、勉学に励んだ。成績は常に上位。見事、国家試験に合格し、4月からは念願の歯科衛生士として、以前の勤務先で働く。

 

 12日の卒業式では、卒業生代表として登壇し、あいさつした。「私がここまでやってこれたのも、大好きな家族の存在があったから。私は多くの人に支えられていることに改めて気付くことができた」

 

 少し離れた席に座り、家族は大きな拍手を送った。長女の美愛(みあ)さん(17)は「私たちを育てながら、いつも勉強しているお母さんを見ていた。尊敬している」と目を潤ませた。(嘉数陽)

【関連記事】

子育てって、うまくいくことばかりじゃない! ☆えくぼママの沖縄子育て☆

“母親の会社”目指す 子育て中・上原さん「働く選択肢を」
両立目指し 出産後に起業 徳元さん(ANZY) 柔軟勤務で働きやすく

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング