沖縄"リゾ婚"人気「パスポート不要の身近なリゾート地」5年連続で過去最高記録

投稿日: 2017年03月24日 11:00 JST

image

 

沖縄県文化観光スポーツ部が23日に発表した2016年の沖縄リゾートウエディング実施組数は、前年比8.6%増の1万5399組となり、5年連続で過去最高となった。国内組数は前年比6.4%増の1万3532組、海外は28.1%増の1867組だった。リゾートウエディングによる来県者数は少なくとも約23万7千人、推計経済効果は約224億9千万円となり、いずれも過去最高を更新した。

 

県は、ビーチなど自然の中で撮影するロケーションフォト(フォトウエディング)の人気が高まっていることに加え、パスポートのいらない身近なリゾート地として沖縄を選択する国内客が増えていると分析した。一方、海外客に関しては、現地の法律に基づき結婚する「リーガルウエディング」の認知度向上なども奏功しているという。

 

挙式スタイルはチャペルで挙式する「チャペルウエディング」が最も人気があり、全体の約7割を占めた。写真撮影だけを行うフォト婚は約3割を占めた。リーガル婚が実施された市町村は11市町村で、読谷村が最多の141組、恩納村の107組、国頭村の60組と続いた。全体に占める割合は3%程度と低いが、ビーチウエディングやレストランウエディング、無人島ウエディングなどの需要も増えつつあるという。

 

地域別で見ると、国内は関東地方からの申し込みが30・9%と最も多く、次いで近畿地方20・2%、中部地方16・7%などとなっている。海外は香港が57%と最多で、台湾29・4%、中国7・6%、韓国2%だった。市町村別挙式組数は、恩納村・読谷村が全体の43%を占め、次いで北谷町、名護市、糸満市と続いた。

 

調査はリゾートウエディングを取り扱う県内関係企業62社を対象に実施し、回答があった55社の数値を集計した。

【関連記事】

プロポーズ目的の来県が456組

特別な1枚 沖縄で 注目集めるロケーションフォト
「ちむからポン」で挙式応援 沖縄リゾ婚協会、県外カップルにクーポン配布

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング