翁長知事「沖縄の米軍基地、東京都心の面積に匹敵」と基地負担の重さを指摘

投稿日: 2017年03月27日 11:00 JST

image

 

沖縄県の翁長雄志知事は24日、都内で開かれた共同通信加盟社論説研究会で講演し、沖縄県内にある米軍専用施設の総面積が1万8609ヘクタールで、東京23区のうちの都心部13区(1万8701ヘクタール)とほぼ同じ面積だと説明した。県外出身者でも基地負担の重さを想像しやすいように具体例を示した。

 

講演後、記者団に「辺野古への気持ちはいつもある」と強調。県民の民意を顧みず、法治国家、地方自治の原則をないがしろにする政府の姿勢を「国の大きな権力でゆがめてでも前に進めている」と批判した。

 

知事は講演で、戦後の沖縄で土地が米軍に強制接収されて基地建設が進んだことや米軍基地関連収入の大幅な減少、沖縄関係予算が地方交付税など通常の予算とは全く別枠で計上されていると誤解されていることなどを説明した。

 

同時に新基地建設予定地の辺野古沖・大浦湾が5800種以上の生物が生息し、世界自然遺産の屋久島や小笠原諸島よりも数が多いことを例示。貴重な自然を破壊して基地が建設される心情を「十和田湖を埋め立てるか。宮城県の松島湾を埋め立てるか。琵琶湖を埋め立てるか。みなさんが想像もできないような発想だ」と指摘した。

【関連記事】

翁長知事「承認撤回必ず」 辺野古集会に初参加 3500人、新基地反対訴え

辺野古、承認撤回の時期焦点 翁長知事、求心力の回復狙う
自民沖縄県連が辺野古「容認」 普天間の早期返還へ政策変更

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング