生き別れの娘と父、Facebook通じて55年ぶり再会

投稿日: 2017年04月05日 14:00 JST

image

『幼い頃に生き別れた父の島袋芳則さん(左端)と55年ぶりに再会したサリー・ラッドさん(左から2人目)=4日、沖縄市のホテル』

 

 

オーストラリアのブリスベン在住のサリー・ラッドさん(55)が4日、沖縄市のホテルで、生後6週間の幼い頃に生き別れた久米島出身の父、島袋芳則さん(84)=沖縄市=と55年ぶりに再会した。ラッドさんには父親の記憶がない。フェイスブック(FB)を通じて父親を捜し当てた。再会した父の姿に「眉などが私に似ている」と話し、互いに手と手を見比べたり、見つめ合ったりして再会を喜んだ。

 

ラッドさんは「父は私に会いたくないんじゃないかと心配していたけど、間違いだった」と満面の笑みを浮かべた。島袋さんも「ずっと心に引っ掛かっていた。再会でき晴れやかな気持ちだ」と目を潤ませた。

 

島袋さんは戦後の1957年に真珠貝採取労働者としてオーストラリアに出稼ぎに渡った県民の一人。その時、ラッドさんの母、エリザベス・エリー・ボーンさんと恋仲になった。ボーンさんがラッドさんを身ごもったさなかに、雇用主だった会社が倒産。島袋さんは継続雇用を求めたが、会社は認めず、言葉が通じない場所で他の就職先も見付けられない状況に、沖縄に戻ることを決めた。「すぐに戻りたかったが、沖縄の景気も悪く再びオーストラリアに行くことはかなわなかった」と振り返った。

 

生活難からラッドさんは生後6週間で養女に出された。実母から実父について聞いたのは20代。その後自身に家族ができ、自分のルーツを知りたい思いが次第に膨らんでいった。昨年長男を亡くしたこともあって、家族のつながりを大切にしたい気持ちが一層強くなり父親を捜す決意をした。

 

父親捜しには日本人の友人が協力。島袋さんを捜すフェイスブックの投稿は多くの人たちに共有され、友人や親族らを介して再会へとつながった。

 

島袋さんは帰沖後、新たな家族を得た。「あの時の状況は非常に厳しくお互いに諦めるしかなかった。悪かったのは私。ずっと『すまない』という気持ちだった」と後悔の念を口にし、「こうして会え、何とも言えない」と声を震わせた。

 

この日、島袋さんは次男の弘さん(45)の家族と共ににラッドさんと対面。ラッドさんも息子2人を連れてきた。弘さんは「幼い頃から聞かされていた。当時は時代が時代。父も遠くの家族への思いは強かったと思う。こうして再会できたのは奇跡に近い」と話した。

 

ラッドさんは父と異母兄弟、自身の息子に囲まれ「父も再会を喜んでくれたし、沖縄の兄弟家族とも出会えて、素晴らしい気分よ」と目を細めた。(謝花史哲、高嶺朝太)

【関連記事】

終戦後、沖縄出身父と生き別れ 台湾の李苾儀さん 県人大会初参加へ

長い年月、距離を超えて対面 親戚と集い祖父眠る墓に
【母として・異国で生きる県系人】清美・ヒューズさん ワシントンDC

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング