沖縄から新たなスーパーフード『もろみ酢』女性向け消費拡大へ

投稿日: 2017年04月14日 14:00 JST

image

 

泡盛製造の副産物であるもろみ酢の消費拡大を目指し、泡盛を製造・販売する沖縄県内4社がタッグを組み、美容や健康志向の「スーパーフード」としてもろみ酢を打ち出す新商品を開発した。もろみ酢はこれまで健康食品として中高年層を中心に消費されてきたが、パイナップルやシークヮーサーなど女性が好む風味を付け、「体の中からきれいになる」アイテムとして若者へターゲット拡大を図る。

 

開発は酒類卸売りの南島酒販の関連会社・ガイア物産(西原町)と崎山酒造廠(うるま市)、忠孝酒造(豊見城市)、ヘリオス酒造(名護市)でつくるチーム。11日に那覇市のデパートリウボウで始まった「ビューティーウィーク 世界のからだにいいモノマーケット」で販売を開始した。

 

もろみ酢は疲労回復などの効果があるクエン酸やアミノ酸を豊富に含むが、「麹臭」と呼ばれる独特の香りから敬遠する人もいた。新商品はパイナップル、シークヮーサー、紅麹、黒糖の4種類を開発し、それぞれの風味を生かしてまろやかでフルーティーな味わいに仕上げた。

 

パッケージも若い女性の手に取ってもらいやすいデザインとし、沖縄スーパーフード協会から「沖縄スーパーフード」の認定を受けた。美と健康への意識が高い、若い女性層に商品の浸透を図る狙いだ。

 

商品企画に携わった南島酒販の大岩迪子さんは「これまでもろみ酢を敬遠していた人からも『飲みやすい』と評価をいただいている。セレクトショップやエステサロンなどでも売れるような、女性が元気に輝く飲料として提案していきたい」と語った。

 

商品はいずれも2300円(税抜)。問い合わせは南島酒販(電話)098(882)9393。

【関連記事】

沖縄県産スーパーフード知って ウコン、モズク認知度低く

琉大発「泡盛」「カレー」 学内公募、知を結集 企業と開発、販売へ
みんなで一升瓶を頭に載せて まさひろ蔵まつり

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング