地元沖縄で仕事「場所を問わない働き方を広めたい」ITを駆使しワークスタイル変革

投稿日: 2017年05月23日 13:00 JST

image

外資系IT企業の日本マイクロソフト(東京)で採用部門担当として活躍している那覇市出身の普久原朝親(ともちか)さん(41)が、本社のある東京を離れ地元沖縄でノートパソコンやスマートフォンなどさまざまな端末を活用し、社外にいても業務に取り組む働き方改革を実践している。普久原さんは「働き方を見詰め直し、時代に合ったワークスタイル変革につなげたい」と、場所を問わない働き方を広げたいとしている。

 

15歳でカナダに留学した際にスポーツ事故に遭い頸椎(けいつい)損傷で車いす生活となり、その後オーストラリアで大学、大学院を修了。帰国後、金融企業などを経て、2006年に日本マイクロソフトに入社し人事本部の採用グループで主に中途採用の仕事に携わってきた。昨年8月には読谷村に移り住み、社内外の関係者との会議や、やりとりは主にスカイプ(インターネット電話サービス)や電子メールなどを活用している。

 

普久原さんは「IT(情報技術)が進歩し、どこからでも仕事ができるようになった。パソコンだけでなく、どの端末からも資料は見られる。スカイプもあるので、社内・社外とのコミュニケーションも問題ない」と説明し、本社から遠い沖縄でも変わらず能率的に働けることを体現している。

 

団塊の世代が引退し、介護などを理由に退職するケースが増えている点について触れ「どこからでも業務に取り組めるワークスタイル変革は、介護離職などの課題の解決策としても有効であり、またビジネスを成長させる手段でもある。ぜひ県内でもこのような働き方を広げたい」と意欲を語った。(謝花史哲)

【関連記事】

粟国の特産5品開発 地域おこし隊・宮本さん「島の良さ伝えたい」

警察官も「プレ金」 浦添署、生活充実へ働き方改革
生活を便利に、楽しく 沖縄発IoT(モノのインターネット)

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング