合意ほご、旧駐機場「今後も使用」 米軍嘉手納基地、負担軽減に逆行

投稿日: 2017年06月02日 13:00 JST

image

 

隣接住宅地域の騒音軽減のため1996年の日米特別行動委員会(SACO)合意に基づき今年1月に移転した米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)の海軍旧駐機場について、同基地は1日、琉球新報の取材に対し今後も使用を続ける意向を明示した。その上で合意に「違反していない」との認識を示した。

 

海軍旧駐機場を巡っては、5月31日に韓国オサン基地から飛来したU2偵察機が使用していることを受け、県や嘉手納町がSACO合意に違反すると抗議、要請していた。米軍の認識はこれを否定したものでSACO合意を一方的にほごにした格好。「負担軽減」に逆行するもので地元自治体などは強く反発している。

 

嘉手納基地は1日、琉球新報に「北駐機場(海軍旧駐機場)の一時使用は日米両政府の合意に沿ったものだ」とし、合意違反を否定した。日本政府は5月31日、米空軍に「SACO最終報告の騒音軽減イニシアチブの趣旨を踏まえた運用」を米軍に申し入れていた。

 

嘉手納基地は「北駐機場は、他の選択肢がない場合にだけ使用する」とした上で、「嘉手納基地には運用上の要求がある」とし、今後も海軍旧駐機場の使用を続ける意向を示した。

 

U2偵察機が5月31日に海軍旧駐機場を使用したことを受け、県の池田竹州基地対策統括監が1日、嘉手納基地第18任務支援群のポール・オルダム司令官(大佐)に電話で使用禁止を要請した。県は海軍旧駐機場の使用は「SACO合意の趣旨に明らかに反する」と指摘した。県によると、オルダム氏は「SACO合意違反ではない」と反論した。

 

海軍旧駐機場は1月の移転以降も、外来機のKC135空中給油機やC146A特殊任務機などが飛来し、一時駐機を続けてきた。嘉手納町などからは「駐機場移転の意味がない」などと反発の声が上がっている。

沖縄防衛局によると、U2偵察機は約1カ月にわたり同駐機場を使用する予定。

【関連記事】

警告サイン表示、連絡2分後着陸 普天間所属機、久米島空港に初の緊急着陸 県や地元は抗議

U2偵察機、嘉手納基地に飛来 抗議よそに旧海軍駐機場使用
嘉手納F15 部品落下 重さ2.3キロ、海上飛行中か

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング