同性カップル、連帯債務OK 琉銀、来月から対象拡大 県内地銀で初

投稿日: 2017年07月26日 15:00 JST

image

住宅ローンの夫婦連帯債務の対象を同性カップルに拡大することを説明する琉球銀行の職員ら=25日、琉球新報社

 

琉球銀行(川上康頭取)は8月1日から、夫婦で住宅ローンを組む「夫婦連帯債務」の対象を同性のカップルにも拡大する。同性カップルが共同で住宅ローンを借りられるようにするのは県内地銀で初めて。全国的にもみずほ銀行が実施している以外、事例はほぼないという。

 

夫婦連帯債務は、夫婦の収入を合算することで住宅ローンの借入額を増やせるなどの利点がある。性的少数者(LGBT)でも夫婦と同じようにローンを組める体制を整えたことについて、琉銀営業統括部の亀島健司調査役は「より多くのお客さまが相談しやすい環境を整えたかった」と説明した。

 

市町村で「パートナーシップ登録」をしたカップルが対象となる。県内でパートナーシップ登録を行えるのは那覇市のみだが、亀島調査役は「さまざまなケースに柔軟に対応したい」と話した。

 

相談は各支店の窓口やローンセンターで受け付けている。問い合わせは琉銀営業統括部(電話)098(860)3737。

【関連記事】

「理解者いれば幸せ」 LGBT、台湾の事例に学ぶ ポキナワがトーク会

性多様性 沖縄から発信 ピンクドット9月23日開催
誰もが使いやすいトイレって ~性の多様性から考える~(上)

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング