甘いトマト作ります「ハルハウス」ハウス建設、目標額達成

投稿日: 2017年08月02日 15:00 JST

image

「協力ありがとうございました」とクラウドファンディングの達成を喜ぶハルハウスのスタッフら=八重瀬町高良

 

【八重瀬】皆さん、協力ありがとう―。沖縄県島尻郡八重瀬町高良の就労継続支援A型事業所「ハルハウス」(久手堅憲太代表)が、インターネットのクラウドファンディングで募っていたミニトマト栽培用のビニールハウス2棟の建設資金がこのほど、目標額の75万円を達成した。7月14日の最終日までに、110人から80万8千円が集まった。スタッフらは「みんなに支えられていると感じた。本当にありがたい」とたくさんの支援に感謝した。

 

ハルハウスでは、精神や知的、身体などに障がいがある21人が働く。農薬や化学肥料を使わない自然農業や弁当作り・販売などを行っている。ミニトマトは、ビニールハウスを借りて2年間栽培し、「ブドウのように甘い」と好評だった。しかし今春、地主に返すことになり、自らビニールハウスを設置しようと、クラウドファンディングでの資金集めに挑戦した。

 

生活支援員の久手堅憲也さん(42)は「目標を達成してみんな自信を持った。『しっかりやらないといけない』と表情がキリッとしている」と話す。

 

スタッフの大城紀里子さん(25)はラジオ番組に出演するなど、積極的に協力を呼び掛けてきた。「畑で作業中に達成したと聞き、とてもうれしかった。甘いトマトをたくさん作り、支援してくれた人に感謝のお礼としてプレゼントしたい」と笑顔を見せた。

 

ビニールハウスは9月中旬以降に建設を始め、10月上旬に完成予定。10月下旬からミニトマトの苗を定植させ、来年1月中旬ごろからの収穫を見込んでいる。

 

【関連記事】

自慢のミニトマト 届けたい 八重瀬・ハルハウス ビニールハウス建設資金募る

悲劇、伝え続けたい うるま、児童劇団が復活
生活を便利に、楽しく 沖縄発IoT(モノのインターネット)

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング