エイサー、共に踊ろう 糸満・米須 旧盆、区外の参加募集

投稿日: 2017年08月04日 15:00 JST

image

今後のエイサーの存続について話し合う米須青年会とOB会ら=7月19日、糸満市の米須コミュニティーセンター

 

【糸満】会員が減少している沖縄県糸満市の米須青年会(徳元康平会長)は、今年の旧盆のエイサーの参加者を募集している。毎年、ウークイの夜に行う「エイサー盆踊りの夕べ」は今年45周年を迎えるが、会員が5人にまで減り、エイサー盆踊りの存続が危ぶまれている。

 

米須青年OB会総務係の山城渉さんは「これまで地域の人だけでやってきたが、存続させるためにも興味がある人は一緒に踊ってほしい」と、性別や年齢を問わず参加を呼び掛けた。

 

米須青年会は、18歳から24歳の男性で組織する。1973年に沖縄市の園田青年会からエイサーの指導を受けた。女性は準会員としてエイサーの手踊りを踊る。20年ほど前には約120人で「ふるさとエイサー祭り」にも出演した。

 

ウークイの夜には「エイサー盆踊りの夕べ」を開いてきた。しかし、少子化などの影響で10年ほど前から会員が減少し、青年OB会の協力も得ながら継続している。

 

今後のエイサー盆踊りの在り方について考えようと、今年4月から月1回、青年会、青年OB会、自治会が幹事会を開いている。7月19日には米須コミュニティーセンターで青年OB会と青年会が会議を開催。今年は区外の協力も得ながらエイサーを継続することを確認した。

 

仕事と両立して活動する徳元会長(22)は「青年会やエイサーを通して年配の人とのつながりができ、地元のことを考えている先輩がいることを知った」と語る。

 

今年の盆踊りの夕べは9月5日に行う。規模を3分の1ほどに縮小し、エイサーの練習時間も短縮した。練習は月・水・金曜の午後8時から午後10時。問い合わせは米須コミュニティーセンター(電話)098(997)4566。

【関連記事】

〝パワースポット〟立ち入り制限 沖縄・本部「備瀬のワルミ」 違法駐車、ごみ散乱で地元困惑「マナー守って」

観光客急増で水不足? 1200万人受け入れ可」
七宝技法で「エイサー」 躍動感、色鮮やかに表す 造幣局がメダル

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング