「リゾートワーク」しませんか? コザの魅力、楽しんで発信を 観光客に1万円上限補助

投稿日: 2017年08月09日 14:00 JST

image

リゾートワークについてPRする沖縄市観光物産振興協会の島袋隆会長(右)と山田一誠事務局長=8日、沖縄市上地の同協会事務所

 

【沖縄】沖縄県沖縄市観光物産振興協会(島袋隆会長)が、短期間リゾートを楽しみながら仕事をする「リゾートワーク」の誘致に力を入れ始めている。5日から県外在住の人が市内でリゾートワークする場合、1万円を上限に費用を補助する事業を始めた。主にITを活用して時間や場所にとらわれずに働く「テレワーク」をする人を呼び込み、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などで市の魅力を発信してもらう。同様な手法での誘客は県内では珍しい。

 

補助の用途は交通費や宿泊費などで、募集人数は10人。募集期間は31日までで、市内で1泊2日以上のリゾートワークをする人が対象となる。市民らと交流できるように、利用するオフィスは市内の創業支援拠点・スタートアップカフェコザ、ホテル「アーケードリゾート沖縄」、カフェ「プレイヤーズカフェ」を指定し、実施時にSNSで市内での活動を発信することが参加条件になる。

 

リゾートワークはリゾート地で仕事をしたり、余りの時間を観光に充ててリフレッシュしたりして、柔軟な発想を生む効果があり、社員に利用を勧める企業も増えている。2016年度の移住に関する相談受付数が、2年連続で全国トップだった長野県なども誘致に力を入れている。

 

山田一誠事務局長は「観光のほか、人とのつながりを通して市民の日常を体験してもらい、コザの街を好きになってもらう。そこで感じた魅力を発信してほしい」と観光客の誘客効果に期待した。問い合わせは同協会(電話)098(989)5566。

【関連記事】

沖縄観光、体験型を強化 「琉球衣装で世界遺産散策」「渡嘉敷へチャーター船」

中国人観光客は料金10倍 レンタル業者が看板、批判で撤去
〝パワースポット〟立ち入り制限 沖縄・本部「備瀬のワルミ」 違法駐車、ごみ散乱で地元困惑「マナー守って」

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング