イチゴを水耕栽培 大宜味に植物工場 沖縄セルラー

投稿日: 2017年08月10日 13:00 JST

image

大宜味村で始めるイチゴの水耕栽培についてPRする大宜味村の宮城功光村長(左)と沖縄セルラー電話の湯淺英雄社長=9日、大宜味村役場

 

【大宜味】沖縄セルラー電話(沖縄県那覇市)の湯淺英雄社長は9日、大宜味村役場で会見し、11月から県産イチゴの新ブランド「美ら島ベリー」の水耕栽培を始めると発表した。大宜味村が建設した塩屋の企業支援賃貸工場に入居する。県内初の取り組みとして、ICT(情報通信技術)で温度や湿度などを制御しながら完全密閉型の施設でイチゴを水耕栽培する。

 

栽培施設は約1億8千万円をかけて、完全密閉型施設に人工光や空調を整備。徳島県や静岡県の植物工場でイチゴを栽培している日清紡ホールディングス(東京)のノウハウを活用する。

 

工場床面積は1176平方メートルで、村内で新たに5人を採用する予定。年間の栽培株は約2万株、売り上げは約5千万円を目指す。最初の収穫は2018年5月頃になる見込み。

 

大宜味村役場で会見した湯淺社長は「イチゴの栽培は非常に難しく、多くは県外から購入しないといけない。おいしい朝どれのイチゴを県内で提供していきたい」と語り、大宜味村での事業について「水が大きなポイント。天然の水を活用して、地産地消で沖縄を代表するイチゴを目指していきたい」と意気込んだ。

 

宮城功光村長は「おいしいイチゴが県内外に提供されることを期待している」と語った。

 

沖縄セルラー電話は14年から農業ビジネスの新規事業化を進めており、南城市玉城に遠隔監視制御システムなどを備えた植物工場を建設し、レタスなど葉野菜の生産を行っている。農薬不使用で安全・安心を売りにした「みらい畑」ブランドで販売するほか、家庭用のIoT水耕栽培キット「やさい物語」の開発も手掛けている。

【関連記事】

エコ電力で水耕栽培 途上国へシステム供給目指す Kagurada(浦添)

基地跡地の生ごみ、農業に生かせ 北中城村、バイオ発電や液肥計画
IoTで野菜づくり 沖縄セルラー、カメラ搭載水耕キット開発

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング