宜野湾で私たちは「買われた」展 少女の救いに 

投稿日: 2017年08月18日 18:00 JST

image

自身の過去を紹介しながら学習会で講演する仁藤夢乃さん。少女たちの支援で大切なことなどを説明した=16日、宜野湾市男女参画支援センターふくふく

 

かつて「売春」せざるを得なかったことがある少女たちが自らの体験や思いを表現する企画展「私たちは『買われた』展 in Okinawa」(同実行委員会主催)が18、19日、宜野湾市男女共同参画支援センターふくふくで開かれる。居場所を失った少女たちの支援を続ける「Colabo」(コラボ、東京都)の代表の仁藤夢乃さんは「沖縄にも暴力を引き受けることが生き延びるすべになっている子がいるはず。展示会が何かのきっかけになればいい」と期待する。

 

同展はコラボと、コラボとつながった少女たちによるグループ「Tsubomi」(ツボミ)が企画し、全国各地を巡回している。仁藤さんは「日本では児童買春のことを『援助交際』と呼び、お金を介することで性暴力を正当化する人がたくさんいる」と指摘する。貧困、虐待、性暴力-。「そこに至る背景があること、援助とはいえない暴力や支配の関係性があることを知ってほしい」。

 

展示される写真や文章には少女たちの願いが込められている。

 

インターネット上では「売った女がなに被害者ぶってんの?」など、批判的な書き込みがやまない。「買う側の存在に目を向けられることがなかった。今までの価値観で決めつけず、背景に想像力を働かせる大人が増えてほしい」と仁藤さんはいう。

 

過去の展示では来場者が「自分も同じだ」と語り、支援につながったケースもあった。これまでコラボとつながった沖縄の少女はいないというが、仁藤さんは「きっと声を上げていない子が沖縄にもたくさんいる。展示を見て1人じゃないと思ってもらいたい」と呼び掛けた。

 

展示は午前10時〜午後8時半。入場料1500円(高校生以下無料)。

【関連記事】

性暴力の実態知って 中高生の声届ける 18、19日に「私たちは『買われた』展」

風俗と暴力、密に関係 「孤立させない支援を」上間陽子氏が講演
「裸足で逃げる」著者・上間陽子さん(琉大教授)に聞く〈1〉 子どもの悲しみ見過ごす社会

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング