パッションフルーツ 販路拡大 ネット活用、全国へ

投稿日: 2017年09月08日 14:00 JST

image

パッションフルーツの販路拡大の取り組みを進める(左から)小池柾さん、美智代さん、柚さん=糸満市大里

 

「小池さん家」では、小池功さん(55)と美智代さん(55)の夫婦がパッションフルーツなどの果実を育てている。パッションフルーツは「おきなわ花と食のフェスティバル」で賞を受けるなど高い評価を受けており、息子の柾さん(22)が「両親がおいしいパッションフルーツを生産している自信があったので、もっと多くの人に知ってもらいたかった」とツイッターでの情報発信を始めた。

 

ツイッターで反応が好評だったことから、県内で情報技術(IT)による地域活性化を進めているKDDIウェブコミュニケーションズ(東京都)の協力を得てホームページを作成。インターネットで注文を受け付けて、販路のさらなる拡大を目指した。

 

県外からの注文も多く、柾さんは「出会わなかった人にもパッションフルーツを届けられる」と効果を実感している。

 

今後は市内の他の農家にも、インターネットを活用した販路拡大の取り組みを広げていくことを目標にしている。柾さんは「農家がそれぞれの特徴を持ったホームページを作成して、パッションフルーツの認知度向上につなげてほしい」と今後の広がりに期待を込めた。

【関連記事】

パッションフルーツに新品種 酸味少ない「サニーシャイン」

ゴーヤー“無傷”出荷へ 表面の突起、丸い新品種
宮崎産に負けない! 沖縄マンゴーの挑戦

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング