ポニー5頭“深夜徘徊” 八重瀬 7時間後“お縄”

投稿日: 2017年09月12日 12:00 JST

image

馬小屋から脱走したポニーを見守る糸満署員(左)=8日午前1時半ごろ、八重瀬町伊覇

 

深夜、真っ暗な畑から「ヒーン」という鳴き声。のぞくと馬小屋から脱走したポニー5頭がのんびりと草を食べていた―。

 

7日午後11時すぎ、八重瀬町伊覇の住民から「ポニーが歩いている」との通報が糸満署にあった。自由を手に入れたポニーたちは自ら馬小屋に戻る午前6時半まで約7時間、“深夜徘徊(はいかい)”を満喫した。

 

ポニーは畑のサトウキビや雑草を食べたり、寝そべったり。署員はその間、ポニーが歩道や車道に出ないよう注意を払い、見守った。夜が明け始めた午前6時ごろ、ポニーが丘の上にある馬小屋に戻ると、署員が柵を閉め“お縄”となった。

 

ポニー所有者の男性は「(丘の下にある)柵を乗り越えたかもしれない。もう出ないよう、たずなで縛るようにしたい」と反省。署員は男性を口頭で注意したといい「しっかり管理してほしい」と疲れ顔だった。

【関連記事】

保護の白いヘビ、飼い主見つかる 糸満市武富

家に突然ヤンバルクイナが… 大宜味 テレビ横切る、幼鳥か
ヤンバルクイナ、繁殖できず 今年は自動撮影カメラに姿なし 専門家「ノネコの影響大」

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング