ハーバード大が沖縄で講義へ 来年1月OISTで 医療貢献に知事「歓迎」

投稿日: 2017年09月22日 14:00 JST

image

「臨床研究トレーニングプログラム」について、翁長雄志知事(右)に説明する村田謙二副理事長(中央)とロビン・J・ウィートリー事務局長=19日、県庁

 

米ハーバード大医学部世界教育機関のロビン・J・ウィートリー事務局長とNPO法人「沖縄アジア臨床研究連携」の村田謙二副理事長らが19日、沖縄県庁に翁長雄志知事を訪ね、来年1月から同大が沖縄科学技術大学院大(OIST)などで開催する「臨床研究トレーニングプログラム」について説明した。翁長知事はプログラムについて「大変歓迎すべきもので、沖縄の医療の向上に刺激を与える」と開催を歓迎した。

 

ハーバード大の臨床研究トレーニングプログラムは、世界規模での医療人材を育成する医療貢献活動の一環で、日本では初開催。来年1〜7月までの間、OISTでの講義やウェブ上での双方向会議を通して、臨床疫学や治験などの講義を受けられる。そのほか受講者らが数人でチームとなり、論文執筆に向けた議論を進める。世界中から受講者を募る予定で、受講料は6千ドルを予定している。

 

プログラムの誘致に携わった村田副理事長は「(臨床研究は)患者のデータを、統計的に解析して、今ある治療法が有効か、コストに対する結果などをコンピューターで解析できる。日本でも研究が行われてきているが、アメリカが進歩している」と語り、プログラムを通して日本の臨床研究が発展することを期待した。

 

同プログラムについての問い合わせ先や詳細情報は「沖縄アジア臨床研究連携」のホームページ(http://oacis.org)に記載されている。

【関連記事】

ベトナム企業「沖縄にIT大学」検討 業界最大手FPT、人材育成へ

AIの可能性実感 リュウキュウフロッグス学生7人、成果を発表
「ヒアリ対策など展開」 OIST美ら森報告会

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング