島の民俗芸能、脈々と伝承 多良間・豊年祭「八月踊り」

投稿日: 2017年09月28日 14:00 JST

image

組踊「忠臣仲宗根豊見親組」の一場面。与那国島の鬼虎を討って宮古に戻る仲宗根豊見親(右)と美人姉妹らの物語だ=27日、多良間村仲筋の土原御願所

 

【多良間】国の重要無形民俗文化財に指定される沖縄県多良間村の豊年祭「八月踊り」が旧暦8月8日の27日、始まった。初日は同村仲筋の土原(んたばる)御願所で組通り「忠臣仲宗根豊見親組(ちゅうしんなかそねとぅゆみやぐみ)」など24演目が奉納された。県内外から多くの見物客が訪れ、脈々と受け継がれてきた民俗芸能の数々を堪能した。29日まで。

 

「忠臣―」は16世紀に宮古を治めた仲宗根豊見親が、首里の尚真王の命を受け与那国島の鬼虎を討伐する物語。多良間でのみ演じられている。鬼虎を惑わすため宮古の砂川村から派遣された美人姉妹、オーガマを演じた下里麻斗(まと)さん(15)=多良間中3年=は2年連続の出演だ。下里さんは「八月踊りは多良間島の誇りだ。少しミスもあったけど去年よりうまく演じられた」と語った。

 

八月踊りは人頭税の皆納を祝い、翌年の豊作を祈願したのが始まりとされる。28日は同村塩川のピトゥマタ御願所で、最終日の29日は「別れ」と称して両地域で芸能を奉納する。

【関連記事】

子孫繁栄 願い一体 石垣市四カ字ムラプール

沖縄のお盆は旧暦です 〝旧盆あるある〟 マクドにケンタ、コンビニも!?
沖縄には正月が3つある!! 沖縄の人は知っているが、県外の人は知らない沖縄の正月

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング