環境に優しいスクーター 石垣島へ導入

投稿日: 2017年09月29日 15:00 JST

image

石垣島に導入される電動スクーターを発表する住友商事の関係者ら=28日、東京都の表参道ヒルズ

 

台湾で電動スクーターのシェアリングサービスに取り組むGogoro社(本社・台湾桃園市)と住友商事(本社・東京都)は28日、バッテリー交換式電動スクーターと充電ステーション4カ所を本年度内に石垣市内に導入すると発表した。国内での導入は初めて。今回は運用実証と位置付け、沖縄を皮切りに全国、特に都市部に広げる考えだ。両社は、エコアイランドを推進する石垣市と連携し「持続可能な発展を目指した島づくりを支援する」と表明した。

 

石垣市は内閣府の沖縄離島活性化推進事業の補助金を活用し、充電ステーション2カ所の発電に使用する太陽光パネルや蓄電池を年内に整備する。整備費は6千万円。災害発生時の緊急的な電源としても活用する方針。スクーターのバッテリーがインターネットにつながっていることから、観光客の周遊ルート把握にも役立てたい考えだ。

 

バッテリー交換式電動スクーターは、充電に広い場所と時間が必要な従来の電気式車両と比べ、バッテリーそのものを交換することで、交換時間が6秒で済む。広い場所も要らず、台湾では累計3万4千台以上、ステーション421カ所以上で利用されている。スクーターはシェアリングサービスで乗り捨てが可能になっている。

 

石垣市は、観光客が急増していることから、レンタカー利用者の増加に伴う排ガスの問題、交通インフラや駐車場不足の問題が生じている。住友商事は、電動スクーターの導入により、これらの課題解決にも貢献できるとみている。

 

中山義隆市長は「自然環境に配慮した交通手段を確保することで、観光客や市民により良いサービスを提供できる」と歓迎した。

 

スクーターとステーションはGogoro社製を採用する。導入するスクーターの台数や料金は検討中。ステーションは、石垣空港、石垣市役所駐車場、川平海岸、伊原間の4カ所に設置する予定で、一部では太陽光パネルを使う。

 

Gogoro社と住友商事は戦略的パートナーシップを締結、住友商事はGogoro社が実施した約300億円の第三者割当増資の一部を引き受けた。

【関連記事】

8月観光、初の100万人 県内、46ヵ月連続最高

通堂ラーメン 台湾展開 製粉、輸送で3社連携
アジア市場開拓へ連携 台湾で沖縄セミナー 相互協力策探る

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング