島の生活、体験を 空き家提供“お試し移住”希望者募る うるま市の5離島

投稿日: 2017年10月02日 16:00 JST

image

移住希望者の世話役として活躍する(右から)「まあるの種」の荒城幸子さん、クックとき枝さん=うるま市与那城の宮城島(プロモーションうるま提供)

 

【うるま】沖縄県うるま市は、島しょ地域の少子高齢化や過疎化を食い止める解決策の一つとして、ことしから「うるまのお試し移住」を試験的に実施している。「うるま市島しょ地域活性化事業」の一環で、市内の島しょ地域への移住希望者が、空き家で最大10日間移住体験をすることができる。同事業の活用により、移住後の生活が疑似体験できるほか、地域とのマッチングや双方の相互交流を図る。

 

お試し移住は、うるま市が昨年度実施した伊計島や平安座島、浜比嘉島、宮城島、津堅島の空き家調査で、活用可能な家を選定して実施している。将来的に移住を検討している人が対象で、1〜4人まで受け入れ可能。4〜10泊まで体験でき、希望者は宿泊日数にかかわらず1人当たり2千円と住居費として1組4千円が必要。

 

事業を請け負う「プロモーションうるま」によると、ことし1、2月には伊計島の空き家に8組を受け入れた。そのうち、1組が同体験を通じ伊計島への移住を決めたという。今回は1日から12月末まで、2度目となるお試し移住の希望者を呼び掛けている。

 

プロモーションうるまの仲宗根多恵美さんは「『お試し移住』中に、地域の人との交流や文化体験などを通じて関係を構築することができる」と移住を考える人にとって前向きな体験になると語る。さらに、高齢化や人口流出などの課題がある島しょ地域にとっても「移住希望者との交流で、人柄を知ることができ、地域の魅力の再発見にもつながる」と地域にとってもメリットになると話した。

 

お試し移住に関する問い合わせは(電話)098(923)5995。

【関連記事】

IT転職、考えるなら沖縄で 東京の移住セミナーに150人

畜産女子「今がハッピー」 名古屋出身の柴田奈純さん、牛に魅せられ沖縄移住
沖縄移住あるある 子どもに教わるウチナーグチ ☆えくぼママの沖縄子育て☆

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング